専業主婦のお小遣い平均額アナタは貰えてる?

この記事は2分で読めます

専業主婦のお小遣いって一体いくらが相場になっているでしょうか?ママ友に聞くのも出来ずに、悩みます。そこで、世間一般的な専業主婦のお小遣いについてご紹介していきます。アナタのお小遣いは、如何ですか?

 

スポンサーリンク

意外に少ない?世の専業主婦のお小遣いの平均額

 

世の中の専業主婦のお小遣いの平均額は、旦那さんたちと比べると圧倒的に少ない1万前後と言われています。少ないと思いながらも、よくよく考えると

旦那さんのお小遣いの大半は必要経費である昼食代に使っていると考えてみると、専業主婦で1万円のお小遣いは決して少なくないのかも?とさえ思えてきます。

 

 

実際には、家計費のやりくりの中で足りないような事態ともなれば、自分のお小遣いから補てんしたり、想定外の医療費に消えてしまったりと、お小遣いでありながら、その実態はオールマイティに使える予備費のような感覚を持ち合わせているのが専業主婦のお小遣いです。

 

このように、お小遣いとして1万円は確保をしても、実際には全額を使っていないことがわかっています。食料品や日用品の買い物に出掛ける度に

増税や物価上昇による価格差を敏感に感じるからこそ、自身のお小遣いは慎重に使う習慣が身についているのかもしれません。

 

1万円札

 

専業主婦でも驚愕の「月10万円のお小遣い」!?

大手メディア調査によると全体の約1.2%に占める非常に少ない割合ではありますが、専業主婦であっても月のお小遣いが10万円以上という人がいることです。

 

 

びっくりしつつも羨ましくもあります。しかしその一方で、1万円未満に占める割合は67.6%、そして1万円以上2万円未満に占める割合は、19.6%であり、この2つの占める割合は全体の87.2%となり、なんとなく安堵する結果です。

 

 

まとめると以下の通り

 

1万円未満に占める割合=67.6%

1万円以上2万円未満に占める割合=19.6%

レアケース=10万円以上

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

専業主婦の理想のお小遣いと現実のお小遣い…

 

結果として他人と比べても意味がないのは、わかっていても多少なりとも自由になるお金がなければ生活は不便そのものになります。

お小遣いの主な使い道は、美容室代や化粧品代そして洋服代な女性ならではの出費が目立ち大部分を占めます。

 

 

これらは、毎月出費するものではありませんが、1万円という金額に対しての1度の出費額が比較的多くなる傾向があるため、ある程度貯まってから買うなどの工夫をしている人が多いようです。

 

 

その他にも友達とのランチ会や趣味のお金として使ったり旦那さんへのプレゼント代や、家庭での貯金ではなく奥さん個人としてコツコツ貯金をしている人が多いようです。

 

専業主婦のお小遣いの平均額は、約1万円とされていますが、あと3千円から5千円の余裕があるのが理想とされています。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ