旦那のお小遣いを決める時はタバコを吸うかどうかで額を変えよう!

この記事は2分で読めます

 

旦那さんのお小遣いを決める上で悩むのがタバコ代の扱いです。タバコを吸う旦那さんの場合にはダバコ代をお小遣いに含めるのか含めないかで、お小遣いの金額が変わってきます。近年は健康リスクや分煙などの社会的な動きがある一方で、タバコには単に喫煙行為という目的だけではなく職場や地域の人々とのコミュニケーションを図る要素があると考えるのが良いかも知れません。そこで、タバコ代とお小遣いについて考えてみたいと思います。

 

喫煙所

 

まず、その前に世間一般の平均的なお小遣いの金額は、3〜5万円としているのが相場のようです。タバコ代をお小遣い内に含めるか、含めないかの区別はありますが、旦那さんに渡す金額としては実際には大差はないのが実情のようです。

特にお小遣いは、職業や年齢、そして地域によっても異なるので、以下の説明はあくまでも一例として参考になさってください。世間一般的に一番よく聞く3万円という金額で考えたいと思います。

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

スポンサーリンク

タバコを吸う旦那さんと吸わない旦那さんの具体的なお小遣いの違い

 

<タバコを吸う旦那さんの場合>

 

タバコの銘柄にもよりますが

 

例)1日1箱(@420×31日)であれば約13,000円

 

この「13,000円」をお小遣いとは別に渡すことがポイントです。また、この13,000円を超えてタバコを吸う場合には、嗜好品の要素がより強くなりますのでお小遣いからの出費をお願いしましょう。

お小遣いから全てを賄うと不満も募りますが、「タバコ代は別枠で貰っている」という事実があれば、旦那さんの意識も変わってきます。実質的には残り17,000円をお小遣いとするよりも20,000円をお小遣いとして渡した方が旦那さんの気分もより穏やかにいてくれそうです。

 

1万円札

 

<タバコを吸わない旦那さんの場合>

タバコを吸わない旦那さんの場合には、タバコ代を除いた金額をお小遣いとしたい所ですが、そう上手くは行きません。旦那さんの立場からすると、「タバコ代が掛からない分しっかりとまとまったお小遣いをもらって当たり前」とするのがタバコを吸わない旦那さんの主張のようです。タバコを吸わないからと言って、相場の3万円からタバコ代を引いて渡すようでは、夫婦喧嘩の一因となってしまいますので注意が必要です。

 

 

タバコ代とお小遣いの関係は旦那さんの勤労意欲に影響?

 

お小遣いの大小を巡って、旦那さんの勤労意欲や愛情が削がれてしまっては元も子もないということだけは、しっかりと念頭にいれておきたいものです。
お小遣いは一家の大黒柱である旦那さんの稼ぎがあってこそ初めて渡せるものという認識が大切です。お小遣いに関しては、個人に関わる趣味や嗜好品に人付き合いなどをメインで考えるべきですが、タバコ代という大きな出費を抱えている旦那さんの場合には別途渡すことで気分的に違ってきますので意識してみましょう。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ