世間の情報の海を行くブログ

旦那のお小遣い金額はいくら?アナタは妥当な額をあげてる?

旦那さんのお小遣いの金額はよくメディアにも取り上げられるほどの興味深い永遠のテーマです。近年の日本に至っては、物価の上昇や増税などの影響もある為、一定のスパンでお小遣いの金額を見直すことが必要です。
家計を圧迫するようなお小遣いの金額では生活が成り立ちませんし、反対に金銭的自由のない結婚生活も結果として上手く行きません。そこで旦那さんのお小遣いはどれくらいが妥当なのかと考えてみたいと思います。

 

スクリーンショット 2016-07-26 1.02.30

 

スポンサーリンク

比較するのは難しい?世間のお小遣い

 

お小遣いの相場は、収入や家族構成そして趣味などのライフスタイルによって大きく異なりますが、一般的には「給与の1割程度」と割合から決めている家庭、そして一番多いのが「3万〜5万といった世間の相場」を意識した金額の家庭です。

 

また一例ではありますが、お金を使わない趣味のない旦那さんは世間の相場よりも少ない5千円や多趣味で人付き合いの多い旦那さんは10万を超えるお小遣いなど大きな幅があり、一概に金額を比べることは難しいのが実情です。

 

お小遣いを決める上で重要なこと

 

お小遣いの金額を決める上で重要なのが「どの項目をお小遣いとするか」です。

例えば、

 

・仕事上で必要なスーツやカバン、昼食代や医療費までの生活必需品全てをお小遣いからの出費とする家庭

 ⇒相場は5万円超え

 

・定期的な散髪代や突発的な冠婚葬祭などに関しては家計からの出費とする家庭

 ⇒相場の下限である3万円前後のお小遣い

 

 

以上とするのが世間一般的なお小遣いの相場のようです。

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

奥さんが、随時渡すのを面倒と感じればまとまった金額を一度に渡すのも良いかも知れませんし、旦那さんの支出を把握したい場合には少額を渡しておいて状況に応じて追加するということも良いかもしれません。

 

やはり世間の統計で最も多い3万〜5万という金額は適正な額と言えるようです。

またお小遣いには昼食代込の場合が多いようです。お小遣いを有効に使おうと激安のチェーン店やコンビニでランチを賄おうとすると、後々の健康被害も出てくる場合があります。可能であれば時々家からお弁当を持参することで健康面での心配も減りますので視野に入れてみましょう。

 

 

お小遣いの金額は満足よりも納得

 

満足するお小遣いの金額を考えたらキリがありませんので、今後のライフプランを考えながら納得できる金額を夫婦二人で導き出すことが大切です。家庭を持つことで初めてわかる想定外の支出や緊急を要する出費も時間の経過とともに増えてきます。二人で納得して応用力の効く家計を築いていくことで、お小遣いを巡る不満や喧嘩も減るはずです。

 

家計を握りお小遣いをあげるのは奥さんであっても働いてくれている旦那さんに感謝の気持ちを忘れずに接することで、自然とお小遣いへの足並みも揃ってくることでしょう。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

筆者プロフィール

名:社竹

社会人です。普段様々な目にする情報を元に役立ちそうなことや勉強になりそうなことなどをピックアップして発信していきます。よろしくお願いします!

 

お問い合わせ