香港ディズニーのハロウィンイベントの仮装はいつからOK?ルール等

この記事は2分で読めます

香港ディズニーランドのハロウィンイベントを知っていますか?世界一怖いと言われている、ハロウィンイベントが毎年開催されています。また、香港ディズニーのハロウィンイベント限定衣装が見どころです。香港ディズニーの衣装でも香港がとても評判で、ディズニーファンなら見に行きたいと思う香港ディズニーです。

 

スポンサーリンク

香港ディズニーのハロウィンはいつから?

 

香港ディズニーランド・リゾート「ディズニー・ハロウィン・タイム2018」

【開催期間】2018年9月13日から10月31日まで

 

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』をモチーフにした、体験型アトラクションがあります。

パビリオン内を歩いて進むので、ドキドキ感や緊張感がたまりません。アトラクション内で聞こえる「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」を代表する曲が流れるので、まるで自分が話の中に入り込んだような気分を味わえます。

 

ディズニーの仲間たちが毎日、午後に開催される「ミッキーのハロウィンー・タイム・ストリート・パーティー」も見どころですよ!一緒にディズニーキャラクターと楽しめるイベントです。

 

パーク内で食べることが出来る軽食やドリンクもハロウィン気分が楽しめます! 
とっても可愛くて食べるのがもったいないと思うほどです。

 

 

香港ディズニーのハロウィンの大人の衣装についてのルール

 

東京ディズニーランドでは、ハロウィンイベントの期間中大人もハロウィンコスプレを楽しむことができますが、香港ディズニーランドのハロウィンイベントでは大人はコスプレをすることは出来ません。

 

またコスプレでなくても、パークの雰囲気を損なうと見なされる格好、ディズニーのキャラクターと見なされる仮装をした大人は入場を拒否されてしまいます。

 

大人はコスプレをすることが出来ませんが、パーク内の雰囲気やパレードなど日本とは違ったディズニーを味わいましょう!

 

 

香港ディズニーのハロウィンの子供の仮装についてのルール

 

・安全またはお客様のために、帽子・羽・ケープなどのアクセサリーや付属品を付けたままでは乗り物・アトラクションに入れない場合有り

・安全基準に満たない、他のお客様に迷惑とみなされるコスチューム・アクセサリー・特殊メイクやメイクの方は入場を断られるケースも

・顔全体を覆うようなマスクや面は許可されていない

 

子供でも多くのルールがあるので、香港ディズニーに行く際はコスプレに気をつけましょう。

 

ディズニーのキャラクターの仮装と見なされるような衣装は、厳しく取り締まられているので確実に入場したい場合は「普段の格好」で行く方が確実です。 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

【注意!!】香港ではトイレに気をつけて!

 

海外ではちょいちょいあることですが、香港でも日本では考えられない独特のトイレ事情があります。香港ではよく見かけることが多いのですが、何故か女子トイレの便座が上がっていたりします。

 

それは、香港の人は便座をあげて便器に靴のままのって用をたす人が多いので、トイレの便座が上がっているそうです。しかし、それは香港ばかりではありません。アメリカでもそのように使っている女性は多く、便座が汚れていたりしています。

 

香港や海外に行く際には、除菌シートや便座シートを使用するようにしましょう。

 

 

2018ハロウィンは香港ディズニーで盛り上がろう

 

香港ディズニーでは、毎年怖くて楽しいハロウィンイベントが開催されています。香港だけのハロウィンコスチュームを着たディズニーキャラクターに会えるのも、ハロウィンイベントが開催されている今の時期だけです。また、日本ではアトラクションに並ぶ時間もかかりますが、香港ディズニーはあまり並ぶ時間がかからずにアトラクションを楽しむことができます。ディズニーキャラクターと一緒に写真を撮ってくれたり、日本とは違うディズニーを楽しんでみて下さい! 

 

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ