世間の情報の海を行くブログ

バレンタインに義理チョコもらえないやつ、息子が非モテ系向けまとめ!

「バレンタインにチョコをもらえないやつ!」「バレンタインに友チョコもらえないやつ!」といった表現で人様の心をえぐる言葉が飛び交ってしまいがちな時期が近づいてまいりました!もらえないと寂しいですし、もらえないと劣等扱いの目で見られかねない「学生の世界」と、楽しい様なイベントの一方で恐怖と悩みが押し寄せるという2面を持ち合わせた恐ろしいイベントでもあるのです!そんなバレンタイデーの過ごし方や解決の仕方などを学生時代の非モテから脱却して大人になってからはモテ系男にまで成長した筆者()がまとめてみました。

 

スポンサーリンク

バレンタインデーでチョコをもらえないやつの特徴と理由!と簡単な改善方法

 

 

■女性が関わりたいと思えない男性のタイプ

 

・話しかけづらい
・女子と接点を持たない、持とうとしない
・異性以前に人として関わろうと思えない

 

この3点が非常に高いウェイトを占めています!

 

「話しかけづらい男性」は例えイケメンでも話しかけられません!

 

「女子と接点を持たない、持とうとしない」は、女子からは「関わりづらい」と思われています。

 

「異性以前に人として関わろうと思えない」は、残念ながら避けられてしまいます!

 

「話しかけづらい男性」は女性に心を開くことが大事ですし、「女子と接点を持てない、持とうとしない」人は異性に話しかけること自体に高いハードルを感じていますので、日常的に女性に挨拶やたわいもないことでいいので話しかける練習をした方がチョコを貰える確率が上がります。

 

「異性以前に人として関わろうと思えない」人は女性と関わりを持ちたいのなら、女性から見て自身の何がNGなのかを調べて改善が必要です。

あと、大人でも学生でも一定数いるタイプとして

 

“女性を否定する発言が多い人”はバレンタインデーではチョコを貰えない以前に非モテ系率であること非常に高いです。

 

「あの子は可愛くない」「え〜あの子って可愛い?」などなど、日常生活でもメディア上でのアイドルやタレントさんに対してでも厳しい評価をする人がいますが、この手の人は間違い無く女性との距離が遠くなってしまいます!

 

 

これは男性、女性両方に共通する点です。逆にどの人にでも「あの子可愛いよね」「こういうところが可愛い」「あの人はステキ」など、異性を褒めれるようなタイプの人は大体、彼女、彼氏がすぐにできます。

 

これって、発言が噂話で異性に流れるだけでなく、自身の発言が考え方に影響お及ぼし、知らず知らずに「異性を否定、または距離を持つ」行動を取るようになってしまうので注意です!そして、気づかないうちに「類は友を呼ぶ」の法則が発動して、自身の周囲には似たような男性ばかりが集まり、結果モテないメンズの集団が出来上がり、女性と接点を持つどころか、女っ気のある男子とすら接点を持つことができなくなってしまうのです。

 

 

したがって「バレンタインにチョコがほしい」、「チョコをもらえる確率を上げたい」と思っている人は気持ちに素直になって「女性」や「バレンタイン」に対し肯定発言を増やし、「貰えたらいいな〜」と冗談まじりでいいので発言してた方がもらえる可能性は上がります。ツンツンしてる男性より素直な男性の方が女性としても絡みやすいですからね!

 

 

ちなみに筆者は職場では「話しかけづらい男性」に属するタイプなので、こちらから話しかけない限り職場ではあまり話しかけられません(プライベートと職場は使い分けているので)。その為か会社ではなく、飲み会の時に女性が酔った勢いでアプローチをかけてきます。なので、出会いを半減させている部分を持っていると思います。

 

バレンタインデーで義理チョコすらもらえないやつはどうすればいい?

ハードルがとても低い「義理チョコ大量散布型女子」からすらチョコレートをもらえない男子が存在するのも事実、そうなるとお手上げなのか?と思いきやそうでもありません。

 

当然ながらクラスや職場の人気があるタイプの女性から気に入られるのではなく、自身のレベルに合わせた女性(結構な問題発言)にターゲットを合わせて日常的にちょっとした挨拶程度で良いので接点を作っていくスタイル!

 

少しでも接点があると、その女性が「大量散布型」だった場合はほぼ間違い無く義理チョコがもらえます。まずは小さな成功へと近づきましょう!

 

職場などでの義理チョコ大量散布型女性は上司から同僚へと配っていくスタイルなのでちょっとでも挨拶ができる接点があれば、これも間違いなくチョコをもらえます。何にしても挨拶程度の接点から!

 

 

本命チョコがもらえないやつはどうすればいい?

 

最初から結論を言うと、バレンタインデーでは本命チョコが貰えてない人間の方が圧倒的に多いので気にすることはありません。一般的にイケメン寄りの人や普通に彼女いそうな人でも貰えていない人は多いのです。

 

本命チョコは「好意を寄せている男性」にのみ渡す、女性に取っては”勇気あるプレゼント”なのです。

 

 

なので、貰えなくても変な事ではありません。どちらかと言うと”普通のこと”です。

 

しかし、一方でもったいないのが「話しかけづらい男性」や「女子と接点を持たない、持とうとしない」男子の中には本命チョコを逃している人もいるのが現実、女子も男子にチョコをあげるのには勇気がいるのです。

 

「本命チョコを準備していても結局渡せなかった」という女子もいるので、「話しかけづらい男性」「女子と接点を持たない、持とうとしない」男子は損をしていることになります。

 

 

一見見た目がモテなさそうなのにモテるタイプの男子のメカニズム

 

少数派ですが、必ずいる「見た目モテなさそうなのにモテる男子」。

 

オシャレでもなく、顔が整っているわけでなく、太っていたり、頭が寂しかったり…なのにモテモテの男性がいるのも事実!しかも彼女が複数形という…

 

 

そういった人はコミュニケーション能力が非常に高い上に「女性を楽しませる」「良い気分にさせる」トークが非常に上手い!こういった能力は一朝一日で身につくものではありませんが、「女性と接点を持つ様にしたら自分にはこの才能があった」というパターンもあるかもしれませんので、なんにしても女性との接点を少しでも持つ様にするのは大事ですよ!

 

 

ちなみに、この手の男性は本当にスゴくて、見た目が本当にさえない太めのオジさんなのに複数の女性、女子大生から「愛してる」メッセージが届いたりと「どうやったらここまで気に入られるのだろう?」と思う程のモテ具合です。

 

近くで見てると、女子を”お姫様”扱いをして”特別扱い”をしたりと、とにかく女子が気分を良くする接し方が上手なのです。これ系の男子は特殊なのであまり深くは掘りさげませんが、バレンタインデーでチョコを勝ち取るには日常からのコミュニケーションか”コミュニケーションが取りやすい男子”であることが大事です。

 

 

そもそもバレンタインデーでチョコをもらえない事はたいした悩みではない

 

テレビや様々なメディアでバレンタインを騒がれるとどうしても気にしてしまうかもしれませんが、チョコをもらえないことはたいした事ではありません。なぜなら、貰っている人がいる一方で貰えていない人の方が圧倒的に多いからです。

 

貰っている人が目立つのは当然のことで、いわば宝くじのように当たってない人の方が多いのです。

 

なので、気にすることではありません。気にするのであれば、「もらえるように努力する」、もしくは後々に彼女をゲットしてしまえばバレンタインなど気にしなくなります。

 

むしろ、本命チョコを沢山貰えても「彼女がいない」「嫁がいない」人は果たして幸せなのでしょうか?

そう考えると、ただチョコを貰う事を目標にするよりも、その先の目標に達成するための一つのステップ程度に考えた方が、ハードルは低く感じるはずです。自身にとって何が幸せなのかを意識しましょう!

 

バレンタインでチョコをもらえない息子が心配!

 

「彼女いないの?」「嫁もらいなさい」という親は多いと思います。もちろん息子さんを心配した上での発言なのですが、この手の発言はただ息子さんの心ををえぐるだけになりかねません。「でも、なんとか相手を見つける行動をしてほしい!」そう思う場合は言い方を変えましょう。

 

(例)

⇒「彼女作りなさい」「嫁もらいなさい」×

⇒「彼女、嫁、がいると生活が本当に素敵になる、楽しくなる」○

 

パートナーがいたらどれだけ素晴らしいかを想像できるような言葉を投げかけましょう。
チョコを本当に全く貰えないタイプの男性は非モテ男ばかりで集まることが多いです。女性と少しでも縁がある男性と交流を持つよう促しましょう!

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

バレンタインでチョコを貰えない世間の悩みに筆者が偏見混じりで回答を書いてみた

Q.バレンタインチョコを貰えなかったら 脈なしか?
A.必ず脈無しとは言えません、チョコを渡したくても渡せない女性はいます。気があるからといって全員が必ず渡してくるわけではありません。

 

Q.バレンタインチョコが貰えないから自分でチョコ買って食べる
A.「自分用チョコ」という新しい文化が最近はあるので、それで気分を落ち着かせることが出来るのならやるべきですし、それも楽しいイベントかもしれません。要は今後、素敵な出会いがあれば良いのです。

 

Q..バレンタインチョコ貰えなかった時の 超絶かっこいい一言。
A.魅力的な男ならチョコの方から寄ってくる、今年の俺はまだ成長中ということだ

 

Q.バレンタインは誰からも貰えないことは情けないことか?
A.情けなくはありません。イケメンでも貰えないことはあります。「貰える程の仲が良い人がいる、その人が渡すタイプの人」この条件をたまたまクリアしてなかっただけです。

 

Q.バレンタインデーでもらえなかった場合は、ホワイトデーではお返ししたほうが良いか?
A.日頃からお世話になっているのなら渡すといった選択肢もあるかと思います。

 

Q.バレンタインにチョコがひとつも貰えなかったことをおちょくられる 
A.学生なら「貰えない人間の方が大多数なのでたいした問題じゃない、お前が今後も毎年貰えると思うな」と言いましょう。学生時代にモテてても社会に出てからモテなくなり、さえない覇気の無い人間になるやつなんて五万といます。「逆に学生時代目立たなかった男子がモテモテで女性複数人とお付き合いするのが普通」なんて人もいます。

A.社会人なら「人のゼロを突っつく暇があるのなら自分が今後も貰え続ける様に努力してろ」と言いましょう

 

Q.バレンタインに彼女からチョコを貰えない…
A.彼女にも都合はあるかと思いますが、特別な理由が無ければ、あなたとの関係に冷めているか元々冷めている性格かのどちらか。

 

Q.女子に「カッコイイ」と言われてるのにバレンタインでチョコをもらえませんでした。
A.「カッコイイ」と言われてても貰えないなんて普通です。格好良くてもそこまでしたい男性ではないのか、女性から見て渡すにはハードルが高い男性という風に見られている可能性もあります。貰いやすいタイプは「カッコイイ」よりも「話しやすいタイプ」です。まぁ、それだけだと本命チョコが中々貰えないわけですが…

 

 

まとめ

バレンタインという一年で一度のワクワク&恐怖の表裏一体的な日が訪れるわけですが、これもまた人生のお悩みの一つにカウントされるようなイベントですね。モテるようになると心に余裕が持てるのですが、特別に抜きん出ていない場合はどうしても不安になってしまいます。最終手段としては義理チョコをばらまくタイプの女性に計画的に挨拶などの接触を少しでもしておくことです。これが非モテ系でもチョコをもらえる確率を確実に上げる手段になります。それ以上になるとご自身の恋愛レベルを上げるしか無いのですが、それはまたの機会に…
でも、一番はバレンタインというイベントに自身の気分を左右される事無く楽しく生活することですよ!(それじゃバレンタインデーのチョコゼロ解決にはならないかな…)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ