クリスマスに”ぼっち”で過ごす人へ贈るメリット

この記事は4分で読めます

クリスマスと聞くと世間の人達は楽しみな気持ちになる人と憂鬱な気持ちになる人と、大体はこの2種類の人に分けられるかと思います。そして今回のテーマは後者の人へ贈るものとなります。

 

そう!クリスマス!恋人達やリア充な人達がいる中で一方でその日を恐れる人達や来る事を望まない人達もいるのがこの世の常、ということで今回は記事テーマにもあるようにクリスマスに1人ぼっちで過ごす人に知っておいていただきたい”メリット”をご紹介いたします!

 

 

 

メリットとは…そう、あなたがクリスマスに一人ぼっちであることがリア充に比べ素敵なことです!

 

 

 

クリスマスぼっちはお金を自由に操れる!

 

これに尽きます!実際にどの位のお金がかかるかというと…

 

 

 

<デートでのお金が必要になる場面>

 

食事代

(オシャレかそれなりの高級感が漂う食事が必要となります,ファミレスは論外という女性は結構います)

 

宿泊代

(高級な雰囲気、または普段利用している宿泊施設のグレードアップが必要となります。しかも混みます)

 

レジャー代

(普段何気ないレジャーもクリスマス料金という素敵な値上がりを体験できます)

 

プレゼント代

(誕生日と同様それなりに気合いが入った物を必要とされます)

 

 

等々、ほぼ1日の全てを男性側でプロデュースしなくてはならないので結構な金額になります!学生から社会人までと経済事情は異なるかとは思いますが、男性の場合はこれらの費用をほぼすべて「男性側持ち」ということで過ごすこととなります。

 

%e3%81%8a%e9%87%91%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8b

 

学生のケースとして、意外と驚くのは高校生でも彼女にブランドものの財布をプレゼントなどといった「一体どこからそのお金が出てくるの?」といったリア充もいたりします。一方で大学生のプレゼントで彼女に香水をあげたら「そんな値段がわかりやすいプレゼントをよくあげるねー!」といった酷評を周囲から得るリア充もいたりします。

 

 

これが社会人となると御自身のステータスという名の名誉の輝きを維持する為にも、ある程度の物を選ぶ義務が発生したり、背伸びが必要となったりと今後の人生にまで影響を与える場面が出てきたりします。アナタは査定されている!?

 

 

人それぞれだとは思いますが、このように人から見られるということを考えるとプレゼント選びも非常にシビアということがわかります。

 

 

 

 

そして1日のプランも情報を集めて練ったりとしなくてはならないため、意外と面倒に感じているリア充がいるのも事実、ましてや相手の誕生日がクリスマスと1〜2ヶ月しか間が無い場合はプレゼントに困ったりもします。2ヶ月連続でプレゼントをあげていたら男性のお財布が冬なのに薄着になってしまいます。

 

 

中には「誕生日にもらったからクリスマスにプレゼントはいらない」という人もいますが、それでも誕生日とクリスマスを両方プロデュースすることは必須なのでどっちにしろ近い範囲で出費が重なります。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

箱根駅伝の特集ページ