カードローン仮審査通過後のキャンセルでアナタの評価が変わる?

この記事は3分で読めます

「まとまった額のお金をすぐに用意したい!」というわけでカードローンをしようと思い、仮審査を受けてみたはいいものの事情が変わってローンする必要がなくなってしまった。。。中にはこういう経験をした人もいるでしょう。では、仮審査を通過して、自己都合でキャンセルすると、自分の信用評価に何か影響があるのか?このようなあまり無いようで意外にあるケースについて以下に紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

カードローンで仮審査通過後にキャンセルは可能?

 

本審査ならまだしもカードがまだ発行される前段階ですので、それほど時間が経っていなければ基本的にはキャンセル可能です。キャンセルをお願いする時は、カードローン会社になるべく早い段階で電話をしてキャンセルしたいことを伝えれば大丈夫です。

 

以下の段階に至ってなければ、問題なくキャンセルができます。

 

・仮審査通過後、時間が経ってしまっていて本審査に入っている

・発行手続きに入っている

 

上記のような段階になっていると年会費を請求されたりする場合もあり得ます。 まずカードローンというものが、スピードが命ということを考えれば、時間が経ってしまってからのキャンセルというのが、問題が出てきそうなことというのが分かると思います。

 

キャンセル

 

キャンセルした場合の”デメリット”は後半から

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

キャンセルした場合のデメリット

 

カードローンの審査を受けるということは、自分の信用情報が情報機関に残ってしまうというリスクが常にあります。発行後や審査通過後、すぐに解約やキャンセルをするとその履歴がマイナス評価に繋がるデータとして残ってしまって以下のようなデメリットが発生することが考えられます。

 

 

・今後カードローンの審査を再度受ける時に、悪い影響を与える

・審査に通過しても、利用限度額の上限が低く抑えられる

 

 

カードローンを利用したい人にとっては上記のようなデメリットは致命的と言えるでしょう。 このようなことにならないように申し込む前にじっくりと、本当に必要なのか考えてから申し込みをするのが大切です。

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク