楽天カードローンの審査は結構遅い?日数がどれくらい等真相は!?

この記事は2分で読めます

早急にお金を借り入れしたい!という時に、すぐに可能にしてくれるものの一つがカードローンと言えるでしょう。 カードローン選びにおいて判断基準となるのは金利の低さはもちろんですが、”審査の難易度”や”出金までの日数”も重要な基準となります。いくら金利が安くても「審査に3ヶ月かかるので、それまで待ってください」と言われてしまったら途方にくれてしまいますからね。 多くの利用者を獲得している楽天銀行カードローンについてはこのような問題はないのでしょうか? 以下でその実情を紹介します。

 

 

スポンサーリンク

楽天銀行カードローンの審査日数は平均的にどのくらい?

 

 実際に申し込みをすると、審査日数は最短で即日と公式サイトではうたわれています。とういうものの、その人のファイナンス状況によって日数は変わってくるので一概には言えません。 楽天銀行は実店舗を持たないネット銀行なので申請はネットによりますが、その対応は24時間対応が一応可能と言えます。
ただ、実際のところは人の手間がかかりますので、即日対応もあれば2営業日を要する場合もあると記載されています。 2営業日ならまだしも複雑な条件を持っている人が申請した場合には確認手続きの工程も増えますので、さらに日数を要する場合もあり得ます。 即日可能といっても他の銀行と比べて特別に素早く処理できる工夫をしているわけではないので、この点には注意をする必要がありますね。

 

 

 

楽天銀行カードローンの審査を短縮!?楽天会員の魅力的なメリット

 

結論から言えば早くなります。

というのは楽天会員になるにはある程度の個人情報を登録する必要があり、それを確認する手間が省けますので、その分審査に要する日数が短くて済むという仕組みです。 上記で説明したように人によって審査日数が変わってくるというのは「会員か非会員か」という場合にもあてはまります。

 

ちなみに「会員か非会員か」で審査日数が変わるという具体的な場面は実際に存在し、ネットで申請する場合に「楽天会員か非会員か」「楽天銀行の口座を持っているかいないか」が問われてチェックを入れる場面です。どれにチェックを入れるかによって申請画面が変わりますのでやはり会員になって情報を登録しておけばスムーズに審査が進むことを予想できます。

 

 スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

自身の申請で”即日審査不可”にしてしまう事案

 

楽天銀行カードローンの審査日数が遅いという話しも聞きますが、実際にはどの審査工程がボトルネックとなっているのでしょうか?

楽天銀行はネット銀行なので原則、申請手続きはネット上で行われたり、またはアプリを介して行われます。したがって、他の審査にありがちな書類記載して郵送するといった手間がないのために割とスピーディーにことが済みます。

 

ただし、他の審査と同じで「会社員の場合は本当に会社に属しているのか?」といった”在籍確認”という審査が行われます。
当然、自分が会社にいて電話を受けなくてはいけないのですが土日休みの会社の場合は、その日に会社に行けないので在籍確認ができません。 つまり土日(祝日も含め)に申請した場合には少なくとも即日は無理となります。 ネット上でスピーディーに手続きできたとしても、この点が手間がかかりボトルネックとなって、楽天銀行カードローンの審査は遅いと言われる理由になっているようです。

 

 

まとめ

 

楽天銀行カードローンの審査日数について、まとめると以下のようになります。

 

・公式サイトでは即日と言われているが、実際は個人のファイナンス状況等によって変わってくる

・楽天会員であれば、比較的早く審査が通る

・申請日を考えないと在籍確認がネックとなる

 

ファイナンス状況が複雑かつ非会員で、在籍確認が必要な人は最も審査日数がかかってしまうようです。

もし、なるべく早めにお金を手に入れたいのであれば、これらのポイントをクリアしてからの申請がベストと言えるでしょう。

 

↓この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます↓

 

・楽天銀行カードローンで出金停止になる恐れが!?

 

・楽天銀行カードローンの延滞によって発生するデメリット

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ