カードローンの申し込みに収入や年収を嘘で記入した際のペナルティ

この記事は4分で読めます

「少しでも多くお金を借りたい!」そんな一心で、ついつい嘘をついて、年収を実際よりも多めに書いてしまった人は案外多いのではないでしょうか?女性芸能人が年齢を若く公表していたり、政治家が経歴詐称をしていたり、見栄を張ってしまうのは人のサガでしょうか。。。

 

女性芸能人や政治家の場合、嘘がばれた時には世間からの一斉バッシングといった結末が待っていますが、カードローンで年収を多く書いてしまった場合は、どんなペナルティが待っているのでしょうか?

 

最悪の事態を避けるためにも、その仕打ち(ペナルティ)の内容を確認しておきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

申し込み時に収入を嘘で記入しても収入額を把握されている!?

 

ニヤニヤ

 

カードローンを新たに申し込む時には勤務先や勤続年数、それ以外に年収を記載する欄があります。審査の時には、当然ながら年収が高い方が通りやすくなることは想像しやすいですから、少し多めに記載していまいがちです。では、これがバレることはないのでしょうか?

 

ある金額以上になると源泉徴収票といった収入を証明する書類が要求されます。これがあったらすぐに嘘はばれるので、そもそも借り入れることはできません。

 

でも、収入証明書が必要とならない程度の、低い金額であれば嘘を書いてもバレないのでしょうか?

 

過去の職歴などから年収が推測されてしまう

 

カードローン会社は、複数の金融機関から得られた情報を元にデータベースとして作成された金融に関する膨大な個人情報を参照することができます。この情報をもとにして、借入をした個人の勤務先、勤務年数、年齢といった情報を頼りに、その個人の大体の年収を予想することができてしまうのです。

 

 

したがって、データベースをもとに推測された年収と借入した個人が自己申告した年収があまりに違うと、嘘の記載をしたと疑われてしまいます。

収入証明書は、ある金額以上の借入を申し込む時だけでなく、このように金融機関が共有している個人の年収の相場を、大きく上回ってしまう時にも要求されてしまいます。

 

こうして嘘がばれてしまうと、今後のカードローンなどの借入に、非常に不利な面が発生してきます。

では、一体どのような不利な面が出てくるのでしょうか?

 

 

今後のカードローン申し込み時、合格することの無い負のスパイラル

 

はっきり言って仕舞えば、当然の結果だと思いますよね。嘘をついていたのですから。。。

年収といった重要項目に対して虚偽の申告をした場合には、すぐにその個人の金融情報データベースに虚偽記載の事実が登録されます。

 

このデータベースは他のカードローン会社も参照しているわけですから、新たなカードローンを作ろうとしても「信用に乏しい個人」と認識されて審査に通らない可能性が非常に高くなってしまいます。

 

 

もっと言えば、そもそも自分の収入にふさわしくない借入額を申請することは、返すあてのない借金をするようなものですから、自己破綻の道を進んでしまうことになります。

 

黒い書類

 

ですから、嘘の申請を見抜いて収入にふさわしくない借入を防いでくれる仕組みは、個人を破綻から救ってくれている救済措置とも言えないこともありません。とは言っても、事情があって少しでも多く借入したい場合もあるでしょう。そんな時に有効なテクニックはないのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク