楽天銀行カードローンで気になる保証会社の影

この記事は3分で読めます

カードローンでお金を借りる際に保証会社という存在の役割をご存知でしょうか?社会人になってしばらく経った人であれば、何かしらのクレジットカードを作った経験があるでしょう。その際に信販会社という会社に書類を提出して、その審査に通過したらクレジットカードが入手できるという手順になっていたはずです。カードローンに申し込みする際に、この信販会社に当たるものが保証会社ということになります。

 

ただ、カードローンの場合アコムといった消費者金融系の会社が保証会社になっています。消費者金融といえば、かつては「サラ金」と呼ばれたように少しでも返済が滞れば自宅の玄関前に見た目が怖い人達が待機していたり、何度も自宅に高圧的な電話がかかってきたりと、映画やドラマに出てきそうなシーンが思い浮かびます。

 

では実際に現在ではこのようなことが本当に起こりうるのでしょうか?その実情を見ていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

カードローンにて保証会社の”取り立て人”の姿勢

 

カードローンでなく”銀行”、または”公的な機関”からの融資であれば、万が一返済が遅れてしまったとしてもハガキによる督促から始まり、次に丁寧な電話による督促といったものです。それでも支払いが滞った最悪でも”ネクタイ・スーツ姿のきちんとした人”が「勤務先または自宅に社会的な対応で督促に来る」といったイメージがあると思います。

 

ですが、カードローンになるとやはり昔ながらといった強い姿勢で督促に来るのでしょうか?

 

 

昨今ではこのような強引な督促というのは、もはや法律で禁じられているので無いと思って問題ないようです。

もし、万が一遭遇したとしても警察や都道府県庁の金融課に報告すれば、速やかに対応してくれるはずです。

 

借金取り

 

 

カードローンにて保証会社の”取り立てスタイル”の現実

 

これは信販会社や、どこの保証会社でも基本的には変わらない方法で行われています。

最初にハガキによる督促上が届きます。ほとんどの人はこの時点で未納分の返済金額を支払いに行くはずです。これに応じなかった人には、申込書に登録されている電話番号宛に督促の電話がかかってきます。

 

会社に請求

 

これでも応じない場合は保証会社の担当者か、または債権回収会社の担当者が直接訪問してくる場合があります。では、この債権回収会社の人が高圧的な請求をするの?と心配するかもしれませんが、やはりここでも法律が遵守されますのでテーブルについて交渉をするという流れになります。

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク