世間の情報の海を行くブログ

アンパンマン列車2700系四国!予約方法や料金についてのまとめ

今夏、アンパンマン列車20周年ということを記念して四国の土讃線(どさんせん)の”アンパンマン列車”が従来の2000系から2700系に変更されることになりました。その華々しいアンパンマン列車や駅の風景など知れば知る程楽しい雰囲気満載!今回はそんなアンパンマン列車について

スポンサーリンク

アンパンマン 列車 2700系の運行日はいつ?

新しいアンパンマン列車がいつから運行になるのか気になるところですが、こちらはJR四国から既に発表されていて、土讃線にて新たに運行されるアンパンマン列車2700系は7月18日からです。

旧式である2000系に乗ることができるのは7月17日まで!「2700系に変わった新型に乗りたい!」という人がいる一方で、「まだ乗りたい」という人もいるかと思います。その人の場合は、あと1ヶ月を切っています。

JR四国の運行日などについて公式アナウンス

アンパンマン列車は黄色と赤の2種類があって日毎に順番で運行となるそうです。熱烈なファンは両方をチェック!

 

アンパンマン 列車 2700系がカワイイ!動画など 

新型アンパンマン列車の見た目がこれまたカワイイのです!
見てて楽しくなるような外見だけでなく、内装もアンパンマンテイスト満載で子供達には大ウケしそうなデザイン!

なんといっても車内の内装がカラフル!

※グリーン車はアンパンマンの内装はされてないそうです

車内の様子、小さなお子さんがこの車両に乗ったら興奮しすぎて大変かも…走り回らないようにさせるのも大事ですね

そして、アンパンマン列車2700系の姿のお披露目的動画も公開されていました。
入替の為に移動させているところです。ご近所にお住まいの人達はファンから見たら幸せのそばにいることに気づいていないのでしょう。

入換の様子の動画

よく子供向け番組や漫画などでカラフルでファンタジーチックな列車が走っている場面を見かけたりしますが、このアンパンマン列車もそんな”夢の中に走る列車”といったデザインです。こんな列車が駅待ちしてる時に入ってきたら子供だけでなく大人も楽しくなりそう!(というか筆者は楽しくなります笑)

※グリーン車指定席にはアンパンマンの内装がされているわけではないのでアンパンマン列車の内装を楽しみたい人はグリーン車以外に乗りましょう。

 

アンパンマン列車、南風の停車駅

アンパンマン列車である土讃線の”南風”は岡山〜高知間で走り(7月18日〜からの運行情報)、

登り下り共に:岡山多度津琴平阿波池田土佐山田高知

といった停車駅になっています。

ちなみに〜7月17日までの運行情報だと

下り:岡山多度津琴平阿波池田土佐山田高知〜窪川〜中村

登り:宿毛〜窪川〜高知〜土佐山田〜阿波池田〜琴平〜多度津〜岡山

 

まとめ

間もなくアンパンマン列車2700系が運行されます。アンパンマン列車を楽しみたい人のチェックポイントをまとめると

・旧型2000系は7月17日まで

・新型2700系は7月18日から

・赤と黄色の2色の車両は毎日交互に入れ替わり走る

・アンパンマンの内装はグリーン車には無い

・停車駅は登り下り共に:岡山多度津琴平阿波池田土佐山田高知

といったところです。アンパンマン列車をお出かけとして利用する他、ツアーがあるのでアンパンマン列車を目的とした旅行も楽しめます。日本全国のアンパンマンファンのキッズや大人の人も今年の夏は四国旅行がオススメです!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ