世間の情報の海を行くブログ

中国から謎の種が送られてきた事例まとめと対応の仕方

最近、中国から文字通りバラまかれている”謎の種事件”アメリカばかりかと思いきや世界中に広がり、とうとう日本でも送られ始めました。いまだにその目的は推測の域を出ない状況ですが、ネットの反応を見ると送られてきた人達が次々と現れています。今回はそんな送られてきた事例と、もし自身に送られてきた場合の対応の仕方について。

 

スポンサーリンク

中国から謎の種が送られてきた事例

先日までは物珍しいネタだったので多くのTwitterによるアップがありましたが、現在はアップする事自体が危険性を孕む説が…

※画像のバーコードで個人が特定される恐れがあるそうなのでバーコードが写っていないツイートを取り上げています。

小包は袋だったり箱だったりと同一の包装ではないようです。

様々な憶測が飛んでいる中、

「SNSでアップすること”が到着した知らせ”になってしまう」

「バーコードが写っているとSNSアカウントと住所が紐づけされてしまう」

などといった可能性が疑われているので、現在ではTwitterにアップする人自体が少なくなったもよう。(それが一番安全です)

中国が種を送りつけてくる真の目的

中国から種が送られてくる目的は何なのか?
数々の憶測が飛び交っているのでそれらのまとめ

5つの推測(筆者も同じ様な事を思っていました…が)

上記に対する返答が↓

コロナウイルスの生存期間例を上げると最長でも7日間なので仮にウイルスが入っていたとしても中国から届いた頃には不活性状態になっています。

↓新型コロナウイルスの物の表面での生存期間↓

https://blog.goo.ne.jp/cabinet_new_wave/e/2062e176aa92d9fcf765d20554ed8c88

 

そうなると目的は…

・各国の検疫レベルがどの位かを調べている?
・個人情報を把握しているアピール?
・本命を送りつける前の様子見?

中には中国への濡れ衣説も濃厚なのか、もしくは中国から目をそらせる為に「わざと中国を装った」小包まで出てくる有様

仮に中国が危険物を本格的に送る段階になったら中国以外の宛先から送ってくる可能性がある。危険物ではない物を送って世間が油断したところに本命が到着するのかもしれません。

感染者が減って夏になって油断したところで急激に感染者が増えたように。

 

中国からの謎の種の目的とは?

住所とSNSアカウント特定が濃厚説

種の種類で送り地域などを分別していた場合、SNSのアカウントがどの国のどの地域…といった特定がたやすくできてしまうというのでSNSの怖い部分が露呈しています。

 

中国からの種の正体

種の種類は危険な種類とのツイートを目にしますがこれは事実ではないもよう、危険に思った人達のリツイートが先走っているようです。

↑はデマとのこと

実際に送られてきている種の種類は以下の通り

・マスタード
・キャベツ
・ミント ←地味に危険(笑)
・ローズマリー
・ラベンダー
・セージ
・バラ
・ハイビスカス
・朝顔

上記のように特別危険な植物ではありませんが、ミントは別です!繁殖力と生命力が強過ぎて一度植えると増え過ぎて困ります!(笑)

 

中国の種送付先住所漏洩はamazonから説が…

amazonが漏洩元?と思われるツイートも度々目にします。

amazonでの評価獲得目的?しかし、今の御時世ではこのような事をして評価が増えるのでしょうか…

 

中国から謎の種は実はアメリカから?中国政府への濡れ衣?

もう既に発送元の中国に疑問視が持たれています。

https://twitter.com/yukika20469/status/1290631907693142017?s=20

 
↑上記のツイートにあるように広東省のスペルが間違っています。
 
正確には...

Guangdong ○

Guandong ×
 

そしてなんと送付元はアメリカから?

これは…国家間での策略…!?

 

中国元で種および不審物が届いた時の対処法

種や不審物が届いたら開封せずに受け取り拒否をすることが一番安全です。本当に中に何が入っているのかがわからないので…

少し手間はかかりますが、最寄りの郵便局へ受け取り拒否を伝えるだけでOKだそうです。

一番無難なのはこのパターンかもしれませんね。

 

中国の謎の種騒動のまとめ

何が目的で送られてきているのか現在ではまったくもって不明ですが、現時点で思える事は「海外に送る、送られる」に関わらず本来ならば植物検査が必要なものなのに、検査されずに受領できてしまうことが非常に危険であり、これが本当に危険な物だった場合は世界中で被害が出ていたことになります。そしてSNSの個人特定についても国家が本気で行えば特定できてしまうというので、珍しいからといって不用意に何でもかんでもアップする事が自身の危険にも繋がってしまうことなど、今回の事件で別な角度の問題も浮き彫りになっています。尚、現時点では筆者の所には届いてません!ヽ(`Д´)ノ

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ