世間の情報の海を行くブログ

マスクの転売相場、規制はいつから?売ってる店情報や不足はいつ解消されるか?

猛威を振るっているコロナウィルスの影響で、ドラッグストアなどのマスクが販売されている店舗からマスクが姿を消して久しいですが、本当に必要としている人達にマスクが行き渡っていない事態となっています。姿を消したマスクがフリマアプリ、フリマサイトなどで高額で売られている現実…こういった現状に規制はいつから入るのでしょうか?マスク不足はいつになったら解消されるのでしょうか?そして、このような状況でもマスクが売っている店の情報などについてまとめてみました。(3月15日更新)

 

スポンサーリンク

規制前のマスク転売相場はやはり高い!(3月15日より規制) 

 

※現在は規制が入っております

規制前にフリマアプリで販売されているマスクの転売相場

 

<メルカリの規制前の相場例>

1枚 約60〜80円が多く、大量出品(100枚単位)などでは1枚30円、などと通常料金の数倍といった値段になっています。

尚、メルカリサイドではガイドライン上で以下のように説明されています。

 

▲メルカリ事務局で不適切と判断される行為  ▲
以下に該当する行為やその他事務局の判断により不適切とみなされる行為は禁止します。これらの行為を発見した場合は、ご利用の制限や出品・投稿の削除をいたします

☆通常の経済的価値と著しくかい離した販売価格により商品を出品すること

 

↑これに当たります。
事務局のパトロールや通報が一般的な対策だったのですが、メルカリユーザが転売ヤーとの戦う姿もあり、購入後に「コンビニ払いにして支払わない」など一矢報いるユーザも現れ、転売ヤーとの戦いが繰り広げられていました。

 

<Yahooフリマの規制前の相場例>

 

 

メルカリよりも超大量に売られている傾向です。元々商売されている業者さんが多いのかメルカリと違い、販売の規模が大きいです。大量販売の為かマスク1枚の相場は

 

約40〜50円

 

他の100枚単位等になると相場はメルカリとあまり変わりは無いようです。ヤフオクのガイドラインでは以下のように説明されています。

 

B.出品禁止物
 

44. 災害などの緊急事態において、供給不足により人の身体・生命に影響がある物品を不当な利益を得る目的で入手し、出品していると当社が判断する出品
(PayPayフリマ掲載特約第2章では項番が43となります)
 


改定日:2020年2月7日(金)
 
本ガイドラインに違反すると当社が判断した場合、出品の削除等の措置を実施することがございます。
ご利用のみなさまにおかれましては、必要な方が必要な量のマスクや除菌用品を確保できるようご配慮のうえ、出品・落札を行ってくださいますようお願い申し上げます。
 


ヤフオク!では、今後もご利用の皆様が安心して取引できる場の提供に努めてまいります。

 

あまりに転売相場が高すぎる出品者は目立つためか、運営側から対策を取られているようですが、一方で商品の値段を下げて送料を上げる事で対応している強者も…

 

 

マスク転売の規制は早い段階で既に行われていた現状

法律では”転売ヤー”といった人達に対しての規制は入らないものの、フリマサイト側の方では一般ユーザーによる通報が有効的ということも。サイト側でもじわじわと規制はかけているようです。

amazonでも規制がかかったのでマスクの値段は控えめにして、送料で稼ぐ転売ヤーが発生

規制が入った今、マスクの姿は消すことになりました。

 

現在のヤフオク、メルカリやpaypayフリマ等のマスク出品禁止の現在

 

規制が入った今、当然ながらヤフオク、メルカリなpaypayフリマ等のサイト、アプリからはマスクの出品が無くなりました。

例としてヤフオク、paypayフリマの規制内容が以下の通り↓

 

ヤフオク

ヤフオク!では、日本全国でのマスクや消毒液の品薄状態を受けて、緊急事態に際し、個人間取引が及ぼす社会的影響を鑑み対策を実施してまいりましたが、昨日3月10日(火)、「国民生活安定緊急措置法施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されたことを受けて、ご利用の皆さまが法令に違反してしまう可能性とそのリスクを鑑み、本日3月11日(水)より当面の間、ヤフオク!の一般利用者の方による衛生マスクの出品を全面的に禁止することを決定いたしました。

 

paypayフリマ

■個人作成の衛生マスクの出品を検討されているお客様へ
市販品ではない、出品者自身による個人作成の衛生マスクも、購入されたお客様が当該衛生マスクを転売してしまうなど、意図せず法令に違反してしまうリスクを鑑み、削除対象とさせていただいております。
何卒ご理解くださいますよう、お願い申し上げます。

 

このような現状、転売ヤーと呼ばれる人達も在庫を抱える状態となり、一部ネット上では困ったコメントを投稿する人も現れる次第に。

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

マスクが売ってる店の情報、現時点においては身近で手に入らず?

 

3月上旬までは以下のように「意外に売っている」といった投稿が目立ったのですが、現時点ではそれも無いもよう…

 

広島県のセブンイレブン

コンビニだと手に入りやすい?

東京のコンビニ

自転車屋さんにマスクが売っている!

金物屋さん、作業着屋さんで業務用マスクは売っている

最近では「マスクを店頭で見かけた」といった情報を目にすることが無くなったので2月末〜3月上旬よりもさらに店頭でも目にしない状況になった感が…

規制後は楽天市場などで個人ではなく業者がマスク販売を行っていますが、当然ながらコロナ騒動前よりは相場が高騰しています。

 

マスク不足はいつ解消されるか?

 

4月に入る頃にはようやく店頭にも並ぶ?といった雰囲気になりそうです

自衛隊の備蓄(災害派遣用は除く)を100万枚放出するとのこと(医療機関になど)

そして3月に6億枚以上の増産予定とのことで、当初は「3月に入ればマスク不足に悩む事はほぼなくなる見込み」といった見解でしたが、これは4月にずれ込むといった感じです。

現時点では実店舗で探しても中々手に入らない状況なので、手持ちのマスクを温存するか、手作りするなどの工夫が強いられることには変わりないようです。

まとめ

 

コロナウィルス需要も大事ですが間もなく訪れる花粉症の季節、マスクが不足してはとても大変なことです。もうじき供給が追いつくとのことなので一安心ですが、現時点でのコロナウィルス対策はマスクだけでなくしっかりとした手洗いも大事です。幸いなことに筆者は常にマスクを一箱常備しているので、今回のマスクが手に入らない件については影響を受けませんでしたが、やはり気は抜けません(インフルもありますからね)。以上となりますが、この記事を呼んでくださったアナタもコロナウィルスおよびインフル感染などにはお気をつけ下さい。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

お問い合わせ