松本紀生(カメラマン)の経歴、アラスカの生活を始めた理由が興味深い

この記事は5分で読めます

アラスカの大地を撮り続ける写真家、松本紀生さんが世界丸見えにて特集されるのですが、この方はなんと様々なテレビ番組にも特集されるほどの注目を浴びる写真家。当然アラスカですから冬にもなれば平均気温がマイナスが当然で、マイナス25℃が当たり前なのだとか…そんな極寒な土地でカメラマンとして撮影を続けている松本紀生さんについて調べてみると色々とスゴいことばかりで驚かされてしまいます。そんな写真家松本紀生さんについてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

松本紀生の出身地とアラスカへ移り住むまでのプロフィール

 

松本紀生

1972年生まれ

出身:愛媛県松山市

職業:写真家

学歴:立命館大学中退 ⇒ アラスカ大学に編入卒

松本紀生さんは元々日本出身でアラスカ出身というわけではないようです。ではなぜ松本紀生さんは写真家としてアラスカの写真を撮り続けるようになったのでしょう?

アラスカ大学にまで編入したのには当然ですが、きっかけがあったようです。

 

 

松本紀生がカメラマンにまでなった経歴や情熱がスゴい!

 

カメラマンになるというと、イメージとしてはプロのカメラマンに弟子入りやスタジオで働いたりして目指すのが一般的な感じですが、松本紀生さんの場合は撮影技術を独学で学んだというのです!

 

カメラの扱い方であれば独学でも学べるかもしれませんが、そのカメラで極寒のしかも地球上でもかなり環境が厳しい状況下での撮影の仕方まで独学というから驚きです!

 

 

しかも、キャンプの技術までもが独学なのだとか…これも日本のキャンプ場や山ならわかりますが、アラスカの極寒の地で行うキャンプも独学で学んだ経験で行うのですから独学のレベル自体が半端ないものであることがわかりますね!

 

 

そもそも、松本紀生さんは何故アラスカに長期滞在して撮影を行うカメラマンになったのか?

 

 

大学時代に読んだ本「アラスカ 光と風」(星野道夫)が松本紀生さんにとって大きく心を動かすきっかけとなったようです。

 

そこから「マッキンリー山とオーロラを撮影したい」とのことで始まった十数年に渡るアラスカでの氷上生活。そこまで本一つで人の人世を変えてしまう物なのか?と感じてしまいます。

 

そこで「アラスカ 光と風」(星野道夫)について気になったので、その本のレビューを見ると

 

 

・「読み終えるのがもったいない」位の人との交流から始まるアラスカの生活と美しさと厳しさ
・綺麗な本
・星野道夫さんが撮影した写真から伝わる愛情と尊敬
・1枚のオーロラの写真を撮るためにマイナス50度以下に一ヶ月キャンプした

 

 

などなど、レビューだけでも「一体どんな本なんだ!?」と感じてしまう程の本ですから、呼んでしまったら最後…なんて位の影響力があるのかもしれません。それほど松本紀生さんにとって衝撃を与えた本なのでしょう。

 

もしかしたら、その本に出会うことでアラスカに向かう人がたくさん発生するかもしれません。

そう考えると一冊の本が松本紀生さんの人生に大きな影響を与えたわけですが、例え一冊の本でもその影響力いうのはスゴいものですよね!

 

松本紀生はテレビ番組どころかメディアからの注目度が多過ぎ!

 

松本紀生さんが取り上げられたテレビ番組は

 

・情熱大陸
・クレイジージャーニー

 

といったテレビ番組。

 

当然といったタイトルです。

 

なんせオーロラを撮影する為にアラスカの極寒の地でかまくらを作って、その中で50日〜2、3ヶ月を過ごす。
このような生活は我々一般人では真似できません。一般人では真似できない位の情熱があるからこそ、この偉業を成し遂げることができるのでしょう。

 

テレビ番組に取り上げられるにふさわしい人です。

 

講演会といったものを開かれた場合、お話を聞いたらとても興味深く、面白いものになることも間違いありません。

 

他メディアにも数多く取り上げられている一覧

 

<テレビ>
・『情熱大陸』(TBS)
・『クレイジージャーニー』(TBS)
・『林先生が驚く初耳学!』(TBS)
・『Extreme Alaska: Building the Wild』
(National Geographic Channel)

 

<ラジオ>
・『柳家喬太郎のキンキラ金曜日』(Tokyo FM)
・『The Lifestyle Museum』(Tokyo FM)
・『大沢悠里のゆうゆうワイド』(TBS)
・『ちきゅうラジオ」(NHK)
・『ラジオあさいちばん』(NHK)
・『ラジオアドベンチャー アラスカ」(NHK) 

 

<雑誌>
・『アサヒカメラ』
・『デジタルカメラマガジン』
・『山と渓谷』
・『Newton』
・『DAYS JAPAN』
・『週刊新潮』
・『週刊文春』
・『週刊朝日』
・『サンデー毎日』
・『週刊現代』
・『National Geographic Adventure』
・『National Geographic Traveler』
・『Audubon』
・『Climbing』
・『Alaska』  

松本紀生さんの話やエピソードを聞くだけで、とても好奇心を駆られる程の魅力なので、これは当然のことでしょう。

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

松本紀生のアラスカ生活は1人で数カ月かまくらでひきこもり、電気のない環境で過ごす!

松本紀生さんはなんと、年の約半分程をアラスカで過ごし、夏は北極圏にまで足を伸ばし、冬になると氷河の上のかまくらを作りひとりで前述した通り、50日〜3ヶ月の生活して撮影をするのだとか。

 

まるで修行のようですが、食事がまたさらに修行僧のような食事。

 

朝晩は米に豆を入れ、それに味付けした程度のものを炊き上げたご飯のみ、極寒の地の行動ともなると体力の消耗がとても激しいので昼は高カロリーかつ携行しやすい物を口にすることが多いとはいえ、

 

・飴
・クッキー
・羊羹

 

といったもの、

このような食事をずっと行っているのだそうだ、筆者含め、一般人にはとてもじゃないが真似できるような生活ではありません。それ位の情熱があるからこそできることなのでしょう。ちなみに、日本にいる間は日本全国の学校、病院でスライドショーを行っているそうです。

 

 

実は結婚をしている松本紀生さん、日本よりもアラスカで年の大半を過ごす

 

彼の生活スタイルを見ているととても「既婚では出来ない生活」とついつい思ってしまいますが、実際には御結婚もされているようで結婚生活も10年を越えているのだとか。

 

「奥さんの理解力」以上に勝るものはありませんね…

 

松本紀生さんは幸せ者だと思います。大半の男性は夢を生活にし続けた場合、理解してくれる人は少数です。

 

 

松本紀生の使用するカメラ”Nikon D4S”、ニコンのカメラはマイナス40度でも普通に動く?

 

松本紀生さんが使うカメラはニコンのD4S。

 

有効画素数:1623万画素

使用温度:0℃~40℃

使用湿度:85%以下(結露しないこと)

 

といったスペックなので、これだけを読むととてもそのままの状態で冬のアラスカに出陣できるようなカメラには見えません。しかし、ニコンのカメラは冒険家の人達が愛用する程に極地での使用に耐えうるカメラが多いのだそうです。

 

極寒の地だとカメラにシリコンジャケットといった寒さ対策の装備をしたりするのですが、ニコンのカメラということで、そのままで撮影しているのかもしれません。

 

カメラマンが気にする点としては低温よりも急激な温度変化による結露が最大の敵なのだそうです…

 

 

松本紀生の写真集

 

松本紀生さんは写真集、著書も出されているようで

 

・オーロラの向こうに
・アラスカ無人島だより
・極北のひかり
・原野行
・DEEP ALASKA

 

と、数々の著書を出されています。

 

インスタグラムで写真もアップされています↓

https://www.instagram.com/noriomatsumoto_official/

インスタで写真を見た感想ですが、「どうやったらここまで風景を美しく撮れるのだろう?」と思ってしまう程の綺麗な写真ばかり。

もしかしたら、人間の目では同じ風景を見てもこのように綺麗には見れない?高スペックのカメラが捉えた画像を見て初めて人間でも感じられる自然の美しい風景なのかな?と思える写真でした。

 

まとめ

 

松本紀生さんが撮る写真からアラスカでの生活と、一般人である私達にはなじみのないどころか、その生活に飛び込もうなどと思うことはまずありません。しかし、松本さんの場合は、たった一つの本との出会いでこのような世界に身を投じることになったわけです。そう考えると過程である極寒の地での生活でも十分驚かされるのですが、私達一般人から見たら、この極寒の生活へと移らせた”きっかけ”の影響力が最大の驚くべきポイントなのかもしれません。

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ