小嶺麗奈と関東連合とのコネは一生モノ?wiki的経歴、高校や実家等

この記事は4分で読めます

先日、田口淳之介容疑者が逮捕される流れとなってしまいましたが、その影には彼を支えつつも逮捕のきっかけ?となってしまった恋人である嶺麗奈容疑者の存在があります。その彼女の経歴などを調べると中々の事実が出てきたのでまとめてみました。

 

※一部今回の事件に関わる部分は伏せてあります。

 

スポンサーリンク

小嶺麗奈容疑者と”関東連合”との古くからの黒い繋がり

 

田口淳之介容疑者がジャニーズ事務所から小嶺麗奈容疑者との交際をよく思わないとされる程に小嶺麗奈容疑者の素行に対する評判は決して良いものではなかったようで(交際を否定されたとされる時期は2007年)、12年前の当時小嶺麗奈容疑者が26歳の時には既に芸能界で彼女に対する素行の問題が目立っていたようです。

 

事務所側から交際を認められない程なので相当なものだったのでしょう…

 

小嶺麗奈容疑者は14歳の時、3年B組金八先生のドラマに出演して女優としても業界から認められる程だったのですが、現在は彼女の名前を聞いても、女優としての印象が無いのが事実。その当時の役柄は”いじめっ子の優等生”であり、クラス内のボスキャラ的存在だったので、もしかしたら彼女の性格や人柄がそのようなものだったのでその役に抜擢されたのかもしれません。

 

仕事は徹底的にこなすしっかり者だったそうですが、その反面の夜遊びは事務所が手を焼く程。

 

そんな彼女は半グレとも呼ばれる”関東連合”との付き合いがあると週刊誌では報道され、

 

・夜遊びが非常に多い
・クラブでよく遊んでいた

 

等々と、素行に関しては決して良く見られることの無い行動を取っていたようです。

 

小嶺麗奈容疑者が少女時代に”公共広告機構AC”のCMに出演し、まさに”今回の逮捕の件を撲滅するテーマ”をうたったものだったのですが、皮肉なことに撲滅のテーマで出演している本人にその噂が囁かれていたからこそ、業界では彼女の素行が目立っていたのでしょう。

 

しかも、彼女が田口淳之介容疑者と交際する前に付き合っていた元カレも同じ容疑で逮捕されてます。その元カレがサパークラブ(男性が女性を接客するクラブ、ホストクラブではない)を経営していたのですが、そこで今回の件のようなアングラなパーティーが開かれたこともあり、それがきっかけで芸能関係者も逮捕された程なのです。

 

そして、その元カレこそが密売人とのルート(または密売人)との噂があり、こういった点からも関東連合とのつながりが濃厚だったのでしょう。尚、元カレの詳細は報道されていないようです。ちなみにこの頃から小嶺麗奈容疑者は警察からマークされていたのです。そう考えると今回の件での逮捕というものは間違いが無いように時間をかけて徹底するものなのですね…

 

 

小嶺麗奈のwiki的な経歴やドラマ出演歴と学歴(中学や高校)など

 

小嶺麗奈容疑者の学生時代

 

・小嶺麗奈容疑者は熊本県出身、出身中学校は九州学院中学校(中高一貫教育の学校、偏差値は53とまずまず)

 

小嶺麗奈容疑者は15歳の時に上京する。

 

・東京都立代々木高等学校を中退。(現在は閉校)

 

東京都立代々木高等学校は芸能人を多く輩出している学校で、卒業生には中居正広さん、木村拓哉さん、松山ケンイチさんをはじめ、多数の有名芸能人の名前があがる程。

 

彼女は若い時から芸能活動をしていたためか、実は彼女には光る才能というものがあったようです。これについては後半から。

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

小嶺麗奈容疑者の芸歴

 

 

1995年

・デビュー作が主演となる。映画は”水の中の八月”
・3年B組金八先生に出演

 

1996年

・イグアナの娘に出演(いじめっ子役)

 

1997年

・ドラマ初主演「いとしの未来ちゃん」主演
・映画”ユノメ銀河”主演

 

1998年

・ドラマ”おそるべしっっ!!! 音無可憐さん”に出演

 

1999年

・”可愛いだけじゃダメかしら?”に出演

 

2006年

・初恋に出演

 

2012年

・ボレロに出演

 

それ以降は目立った芸能活動はしていないもよう。しかし、女優としての実力は認められていたようで、映画”ボレロ”に至っては小嶺麗奈容疑者が名指しでお呼びがかかる程。

 

田島監督は「映画のイメージに合う女性を探したときに、小嶺さんが思い浮かんだ。もともと僕は(映画やテレビで)小嶺さんを観ていた世代。なので、僕の作品に出てくれるかなと思って、駄目元でお願いしたら、快く引き受けてくれてうれしかった」と明かす。本作では、俳優としての力量と柔軟さが試されるワンシーンワンカットの緊張感あふれる撮影方法を採用。そのときの撮影について小嶺は「ずっとサイレントがいいと思うくらいに、サイレントの芝居はすごく好きでした。サイレントの方が感情を入れるのが楽だったんですよね」と振り返った。

https://www.cinematoday.jp/news/N0039053

 

 

他にも少女時代には将来の活躍を期待されていた程の才能で以下のように報道されていました。

 

いじめっ子の優等生を好演し、女優として将来を嘱望された。18歳の頃には覚醒剤撲滅を訴える公共CMに起用されたこともあった。

 当時を知るドラマ関係者は「仕事はしっかりやる一方で、夜遊びが激しくて手が付けられなかった。1人で上京して寂しかったのかもしれないが、所属事務所は手を焼いていた」と明かした。

 結局、金八先生出演から数年後には「モデルになる」と言って事務所を退社。同関係者は「“才能があるのにもったいない”と言われていた」と振り返った。その後も女優としてドラマや映画に出演していたが、近年は目立った活動はなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000109-spnannex-ent

 

 

このように、才能がある人物とまでされていたものの本人はどうやら女優業がそれほど好きではなくモデルの道に憧れを抱いていたようです。もしかしたら女優業を続けていたらドラマ界の顔となるほどの立場を確立していたのかもしれません。こうなると人というのはどこでどうなるかわからないものです。

 

 

小嶺麗奈容疑者の実家や地元について

 

小嶺麗奈容疑者の実家は熊本県熊本市中央区のようで、高齢者向け施設を経営しているそうなので今回の一件で家族が職を失うようなことにはならなくて済みそうです。これがもし、会社員として働いていた場合はどうなってしまったのでしょう…

 

熊本県出身で熊本県の震災の時には、出身地ということで自身を売り込んで”熊本復興大使”の肩書きを得たわけですが、さすがに熊本県としてはこれは外さずにはいかないはず…

 

実家はごく一般的な家であり、これといったネガティブな噂などは出る家系ではないようです。

 

 

まとめ:小嶺麗奈容疑者と田口淳之介容疑者の”暗い”?今後と借金について

 

週刊誌のメディアについては「ピエール瀧さんに続いて逮捕者が出る」「警察が準備をしている段階」などなど予告をしているかのような報道が度々流れていましたが、まさか田口淳之介容疑者と小嶺麗奈容疑者が挙るとは思いませんでした。知っている人は知っていたのかもしれませんが、中々な衝撃です。

 

田口淳之介容疑者が個人事務所の社長、小嶺麗奈容疑者がマネージャーといった立ち位置ですが、今回の件で契約問題などなどを合わせると方々に約1億円の損害を与えたとも言われます。そんな超高額なお金を準備できる程田口淳之介容疑者の事務所には体力があるのでしょうか?後にそれが借金となり仮に小嶺麗奈容疑者のつながりにお金を工面してもらった場合、田口淳之介容疑者は黒い世界からは抜け出せなくなるのかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ