小室圭は奨学金をなぜ返済免除でゲット?彼への海外の反応は好意的?

この記事は3分で読めます

世間を何かと賑わす小室圭さん。今回はなんと200人に1人しか手にすることができない奨学金(その額650万円)、を獲得しました。そんな難易度の高い奨学金をなぜ彼がもらえたのでしょう?そんな話題を振りまく彼に海外メディアは実は好意的な報道?そんな話題をまとめてみました。

 

スポンサーリンク

小室圭が○○○人に1人の確率の返済免除の奨学金650万円をなぜゲットできたのか?

 

お母さんが借金400万円で苦悩していた家庭がフォーダム大学で次年度の学費650万円に相当する学費をゲットしたと報道されていますが、この奨学金を取得する難易度がなんと「NY州司法試験に合格するよりも難しい」と言われる程。

それなのであれば小室圭さんは一体どのようにしてそのような奨学金を手にすることができたのか?

 

★奨学金を得る資格★

・非常に高い成績

・リーダーシップ

 

上記それぞれが非常に優れていなければならないという条件があります。果たしてこれらを見事にクリアしたのかが疑問です。アメリカ人だらけの環境な上に弁護士資格までもを持っている人が多い中で奨学金を手にしたとなると本当に実力でその人達よりも優れた成績だったのかが疑問です。

 

仮に実力を持っていたとしても

・ICU

・一橋法科大学

・フォーダム大学

 

これらを全て自身が支払ったわけではない学歴に果たして世間は認めてくれるのでしょうか?

 

一説によると奨学金を取得できた影にはやはり「皇室の婚約者であること」をアピールして取得に結びついたという話を耳にします。

 

確かに将来皇室の人間となる可能性がある人間であればフォーダム大学としても弁護士の後押しをして「フォーダム大学の卒業生から皇室の人間が出ました」ともなれば”最上級の良い宣伝”にもなるのでしょうから応援しないわけにはなりません。

 

しかし、そういったことを小室圭さんの独断だけで制度の利用が次から次へとは出てこないでしょうから、やはりそういった知恵を伝授する”ブレイン”が小室圭さんにいることは間違いないのでしょうね。

 

 

小室圭の婚約騒動、海外の反応は好意的?

 

小室圭さんについて海外の反応を見ると意外と日本のように拒否反応をする人があまりいないようです。これは他国のことなので当然と言えば当然かもしれませんが…

借金問題については少々ネガティブなコメントが出てるものの、大部分が「2人をそっとしておいてあげるべきでは」といったコメントなのです。

 

海外メディアまるで結婚へと前進しているかのような報道がなされています。

 

イギリス
https://www.telegraph.co.uk/news/2019/01/22/japanese-princess-wedding-back-fiance-solves-family-financial/

香港
https://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/2183083/royal-marriage-roadblock-lifted-kei-komuro-fiance-japanese

 

小室圭さんが前へと進んでいる部分だけを抜き出せば確かに「結婚を認めてもらうに努力をしている」という姿になります。海外メディアはその部分だけにフォーカスして報道しているようです。

 

話題にするには「借金問題などは邪魔でしかない」といった認識なのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

小室圭さんが婚約を辞退しない理由

登場人物が完全に皆一般人なのであれば話題や大した問題にはならなかったのでしょうが、フィアンセが皇室の女性ともなると世間はそう簡単には認めてはくれません。

 

そして、ここまでメディアで取り上げられ続けても表情を崩すこと無く日々勉学に励んでいられることにネットの反応は

 

・メンタルが強い

・面の皮が厚い

 

などといった小室圭さんのメンタルについてのコメントを多く見かけます。

 

当然のことながらフィアンセの為に苦難を乗り越えるといった気持ちで一生懸命頑張っているのかもしれません。もしかしたら皇室入りをすることに気持ちが行っている可能性もあるかもしれません。そして、支援してくれている弁護士事務所や応援してくれている人達もいるのでしょうからそういった人達の為にもといった気持ちもあるのかもしれません。

 

これらは本人のみぞ知ることですが、こういった理由などから”辞退”という選択肢は無いのでしょう。今後どのような結末を迎えるのかは誰にもわからないことですが、奨学金でさらなるステップアップが確定したのならまずは学業を修めた時が再び進展する時となるでしょう。

 

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ