冨田リカの現在までの生き様が驚愕!綺麗な彼女の熱愛と遍歴について

この記事は2分で読めます

現在、ショーケンこと萩原健一さんの訃報で世間が騒ぎになっています。そしてその萩原健一さんが2011年度に結婚した奥様、富田リカさんが当時、一際輝いていました。今回はその富田リカさんがどのような人なのか?を調べてみました。

スポンサーリンク

冨田リカさんの現在までの歴史

 

・短大卒後に幼稚園教諭を5年間務める
・広告業の男性と結婚後に離婚(一児をもうける)
・幼児教室経営で経営者に
・OLになる
・41歳で読者モデルになる
・飲食店プロデューサーと結婚後お店のプロデュースを行う
・東洋英和女学院大学に入学
・幼児教室の取締役を辞任
・2011年萩原健一さんと結婚

 

というものすごい経歴でとてもエネルギッシュな女性であることがうかがえます。

その間も交際歴の男性の名に大仁田厚さんの噂があったりと肉食系なのかな?といった印象です。

萩原健一さんとの馴れ初めも手作りのアップルパイを作って、箱の中にラブレターと連絡先を入れておいたという話なのでチャンスをしっかりと掴む女性だからこそ萩原健一さんと結婚にまで至ったのでしょう。

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

富田リカさんが子供と別居に至った過去から萩原健一さんを看取ったまでがまるでドラマ

 

富田リカさんが活動的でエネルギッシュな反面で驚いかされた話に若い頃には子供と別居していたらしく、その理由は”綺麗でモテるから”が原因だとのことなのですが、それを聞くと色々と複雑な感じですね。

 

どうやら富田リカさんは”超恋愛体質”なようで、子供の親権もそれが理由で父親側に移ったという話もネット上に転がっています。
ちなみにこのことは当時、今で言う”炎上”に近い状況だったのだとか…

 

これらがどこまでが真実なのかは本人達のみぞ知るですが、不倫で始まったと当時世間では炎上気味に報道された萩原健一さんとの生活ですが、結婚後の生活は今回の訃報に至るまでずっと仲睦まじいものだったようで、

 

萩原健一さんが残した言葉が「お前を愛せたことが何よりも嬉しかったよ」とのことだそうです。

色々なことが報道されてきた中この言葉は涙が流れてしまいます。

 

さすがは浜田雅功さんや石橋貴明さんが憧れている人と言われるだけあると思います。

 

それだけの人と結婚に至れたのは富田リカさんもまた女性として魅力があるからなのでしょう。もしかすると萩原健一さんと富田リカさんが互いに運命の人だったのかもしれません。そんな印象に見えてしまいます。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ