劇場版シティーハンター4DXは面白い上にエンドロール最高!感想まとめ

この記事は4分で読めます

劇場版シティーハンターが世間で大ヒットの記録を打ち出しています。3月1日から4DXでの上映開始だったので、これは筆者も観ないわけにはいきません!ということで劇場版シティーハンターを4DXで観てきました!そして、劇場版シティーハンターを4DXで見た人達の感想も当然ながら感動モノの声ばかり!そんな4DXの感想をまとめと筆者の感想をまとめてみました。あとはやはりシティーハンターのファンとなれば、とても気になるエンディングの例のネタバレについても笑。

 

スポンサーリンク

劇場版シティーハンターは非世代までもを虜にする位に面白い!

 

劇場版シティーハンターを観てきた感想としては、まず第一声に「面白い」の一言!

ストーリーは通常のシティーハンターの通りに女性の依頼人の依頼で冴刃獠がボディーガードとして活躍するのですが、原作やリアルタイムのアニメと相変わらずの女性好きでとても世界一のスイーパーには見えない三枚目キャラなのに、いざ!という場面ではめちゃくちゃ格好良過ぎて男性でも「惚れてまうやろぉ!」と言いたくなるくらいカッコイイ!

 

 

実際に一緒に観に行った女性(シティーハンター世代ではない)までもが「獠ちゃんカッコイイ!」と言って映画を観てからというもの、youtubeで日々シティーハンターを観まくるという位にハマっておりました。

主人公である冴刃獠は普段女性にしか目がいかず女性に迫っては槇村 香にハンマーで鉄槌をくだされるパターンで、時には香の気持ちに全く気づかない無神経なキャラクターなのですが、その一方で時より見せる事件に対しての勘の鋭さや、強さ、その瞬間にはとてつもない程の2枚目になるそのギャップが冴刃獠の魅力!

 

 

そして無神経に見えて実はとても思慮深い所も観てて魅力的なキャラクターに写るのです。

こういった部分は大人になってから観ると本当に面白い!話が進んでいくにつれて冴刃獠と槇村香の信頼関係や息のピッタリさなどが本当にカッコイイ!物語のクライマックスなんかは鳥肌ものです!

それと今回の劇場版シティーハンター、単純にストーリー展開が面白いだけでなく様々な箇所にファンが喜ぶような要素を投入していたり、思わぬ部分で笑わせるポイントがありました(まさかオープニングテーマで笑わされるとは思いませんでした笑)

 

ファン要素としては

 

・キャッツアイの美人三姉妹が出てくる
・冴刃獠の先生である博士が出てくる
・ゴールデン街にて原作でもおなじみの脇役がきちんと出てくる(オカマのママなど)
・テレビアニメ版のBGMが余すところなく使用されている

 

などなどと挙げたらキリがありませんがファンが喜ぶ要素を余すこと無く投入しており、世間で高評価されているBGMの演出は本当に感動ものです!
筆者の場合、感動するシーンでもなんでもないのにオープニングのBGMと演出で涙が出そうになりました笑

 

テレビアニメで使用されていたOP、EDミュージックが至る所で使われています。この演出はファンならすぐに反応するに間違いなしです!

シリアスなバトルシーンに移った際のfoot steps(戦闘挿入歌)が流れたシーンはずっと鳥肌が立っていました。映画が公開されたことを知って「映画内でこの曲が流れたら最高なのに…」などと思っていたら劇中で流れたので感動を通り越して嬉しかったです!

 

それ位にファンを喜ばせる要素が多すぎる程に詰まっているのでファンの人やリアルタイムで観ていた人は是非とも観に行くべき!

 

 

 

劇場版シティーハンターを4DXで観た感想はヤバ過ぎた!!

 

実は筆者は4DXが初なのですがそれを劇場版シティーハンターで体験できることに喜びを隠せませんでした。

 

が、観はじめてみると確かに空気感や振動、イスが揺れたり傾いたりと新しい感覚ではあるな〜とは思うもののそれほどのものでもないなぁ〜などと思っていました。

例えばスマホが着信で振動する場面は座っているイスまでもが振動したりなど、「日常で大した振動でもないものまでもが大げさに振動するので逆に不自然に感じられる」

 

といった、印象だったので「4DXは噂程ではないのかな」などと思っていましたが、中盤を過ぎた辺りからその思いは全て吹き飛びました…

 

中盤頃からアクションシーンの迫力が増したと思ったら4DXが本領発揮してきたのか迫力があまりの大迫力で爆発シーンは本当に凄まじいの一言です!

ミサイルが飛んできて着弾するシーンなんかは今まで映画館で体験したこと無い位の衝撃!

そして、銃弾やら物が飛んでいくやらでイスのヘッドレストに一体何発着弾したんだ!?という位に色々飛んできます笑

これは座った人じゃないとわかりません笑

 

4DXはアクション映画に特化してると言えるでしょう!なので劇場版シティーハンターは4DXで観るべき!

尚、静かな船の甲板のシーンなんかは波に合わせてイスもゆっくりと傾きます。

 

※注意:メガネをかけている人は4DXを観る際には必ずメガネ拭きを持参してすぐに取り出せる状態にしててください!水も飛んでくるのでメガネが水滴だらけになります!(水をストップさせることも出来ますが、臨場感MAXで観る場合はメガネ拭き必須です!筆者は見事にやられました笑)

 

上の画像の様なスイッチがあるのでここでON/OFFを設定しましょう。

※写真は上映終了後に撮影したものです。

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

劇場版シティーハンター4DXの感想をまとめてみた

 

4DXでシティーハンターを観た人の感想がTwitterにあがっていますが、いずれも感動したツイートばかり!

 

 

 

 

 

劇場版シティーハンター エンドロールのネタバレ?

 

シティーハンターといえばエンドロールに入るシーンが挿入歌と共に入るのが名物ですが、今回の劇場版シティーハンターでのEDでは当然のことながらあの名曲GET WILDでエンディングに突入します。

これだけでファンには歓喜感激ですが、それだけではありません。

少々エンディングのネタバレ?になるかはわかりませんが、ネット上の声では「エンドロールで立ち上がる人は1人もいなかった」と言われています。それもそのはずエンドロールにもファンを「アッ」と言わせる演出がわんさかなので目が離せないのです!テレビアニメを観ていた人は懐かしさに目が離せない内容で、ただテレビアニメ版のエンディングをモチーフにしているだけではなく様々な場面が…

 

実際に筆者が観ていた時も立ち上がる人は1人もいませんでした。
本当に映画の上演時間を余すところなく演出されていて、館内の照明が点いてはじめて映画が終わったと気づくほどの内容の濃さ…

 

それ位に観客とファンを満足させる出来栄えなのです!もしこの記事を読んでいるアナタがまだ劇場版シティーハンターを観に行っていないのであれば是非4DXにて観に行くことをお勧めします!

 

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ