下町ロケットをモチーフにした農耕アートの動画が素晴らし過ぎると話題に

この記事は2分で読めます

TBSで日曜日の21:00に放送されているドラマ「下町ロケット」が人気ですが、なんとその下町ロケットを題材にした農耕アートが誕生しました。しかも、その農耕アートを製作する過程がスゴい!よくテレビやニュースで農耕アートを目にすることはあっても実際に製作されている場面はなかなか目にすることはありません(筆者がたまたま見ていないだけかもしれませんが…)そんな今回の下町ロケットの農耕アートを製作する過程の動画を紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

下町ロケットの農耕アートの製作過程が驚愕!

たびたびテレビなどで取り上げられる農耕アート、今回はなんと「下町ロケット」の絵。

よくこんな立派な絵を畑に描ける物だなぁと思います。筆者は農耕アートを見て、最初は人が監視しながら人の手で作成しているのかと思っていましたがところがどっこい!なんと無人で農耕アートは作成されていた!?なんと無人トラクターで作成されたというのです!

確かに人が乗っていません!

 

なんでもGPSで位置を確認して設計を立てた通りに動くとか…これ、本当に農作業の自動化も夢ではないですね!しかし、農耕アートが自動で動くトラクターロボットで製作されるなんて誰が想像できるでしょうか!
しかもこれほど大規模な無人トラクターでのアートは世界で始めてなんですって!ギネスに申請はしなかったのだろうか??

 

 

下町ロケットの農耕アートの動画を見ると畑がまるでプリンター?

実際にTBSさんから公式で出ている下町ロケットの農耕アート動画がこちら↓

 

すごいですよね!まるでプリンターで印字されているかのように絵が畑に描かれていきます!3Dプリンターといい最近は設計図さえあればどこにどんな形であろうがデータを入力さえすれば表現することができるような世の中になってきていることに驚かされます!

 

ちなみにテレビで見かけてた他の農耕アートはどうやら”田園アート”と言うらしく、コチラも規模がすごい!!

青森県田舎館村 田んぼアート

山形県 尾花沢田圃アート

福井県うりわり農園

これらを見ると本当に農耕アートって文字通り芸術ですね(アートなので当たり前ですね…)
人々の情熱が詰まった芸術が広大なキャンパスに描かれている!ちょっと感動してロマンチックなことをつぶやいてしまいました…

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

下町ロケットにて実際は北海道農業大学はロケ地になっていなかった?

下町ロケットのロケ地も調べてみたのですがどうやら実際に北海道で撮影されたわけではなく以下の場所で撮影がなされたようです。

 

 

北海道農業大学の野木博文の研究室
埼玉県鴻巣市明用:コスモスアリーナふきあげ

北海道農業大学
群馬県邑楽郡千代田町赤岩:群馬県東部地域水道事務所

参照:http://loca.ash.jp/show/2018/d201810_shitamachi.htm

うーん、どうせならロケ地を北海道で撮影されればなぁ..と思ってしまいますが、これは大人の事情でそう簡単には行くことではないのでしょう…

 

下町ロケット農耕アートまとめ

 

農耕アートと聞いてもテレビで見かければ「あぁすごいなぁ」程の認識でしたが、実際にドラマをモチーフにして作成されると、ついつい他も調べてしまうのが人の心理…で、調べてみたら農耕アートの凄さと綺麗さにビックリ!アートにも驚きましたが、ドラマなどのメディアの作品の影響力もすごいなぁと同時に気づかされるのでした。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ