尾崎里紗アナウンサーがコネ入社説の理由は?高校や大学の学歴で?

この記事は2分で読めます

ポスト水トアナとまで言われる尾崎里紗アナウンサー、彼女もバラエティで活躍したりとアナウンサー業務以外でも人気を集める彼女ですが、彼女について調べているとついつい目にする”コネ”という言葉。コネと聞くと”コネ入社”をイメージしてしまいます。では、尾崎里紗アナウンサーがコネ入社と言われてしまう理由は何なのでしょうか?今回はこの点に付いて掘りさげていこうと思います。

 

スポンサーリンク

尾崎里紗アナがコネと言われる理由は学歴を見て言われている?

 

やはりアナウンサーと聞くと”高学歴”というイメージが強いのが一般的です。当然ながら知識、教養、機転の良さ、などなど頭の良さを求められる業種なので学歴を見られるのは当然なのでしょうが、ここで尾崎里紗アナの出身学校の偏差値を見てみましょう。

 

高校 = 福岡県の私立自由が丘高校(特進コース) 偏差値は60

 

国公立大学、難関私立大学に向けたクラスで入学金を除けば年間の学費は約50万円程。

 

 

大学 = 西南学院大学(経済学部)偏差値は約53

 

年間の学費は約97万円、入学金20万円。

 

 

大学の偏差値はそれほど高くはないものの、彼女の場合はアナウンススクールを経てアナウンサーへとなりました。

 

アナウンサーは全て高学歴なイメージですが、必ずしもそういうわけでもないようです。筆者の知り合いにもそれ程高学歴ではないものの、やはりアナウンススクールを経てアナウンサーになった人がいるのでアナウンサーへの道はそういった進み方もあるようです。

 

 

そう考えると、学歴の偏差値が一般的だったからといってコネに関わるかというと決してそのようなことは無さそうです。

 

ちなみに、大学に在学時代は福岡の親善大使に就任して全国各地や海外にも訪れていた点などとてもアクティブな人物で、アナウンサーになったきっかけは高島彩さんへの憧れからだそうです。バラエティ番組で上田さんに質問された際には「水トアナじゃないの?」聞かれたことに対してキッパリと答えたので、ポスト水トアナを本人は狙っているわけではないようです。世間から言われてる位なのでてっきり水トアナかと思いきやこの辺は違うようですね。建前抜きであまりキッパリと答え過ぎて大丈夫なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

尾崎里紗アナがコネと言われる理由は訛りを直さなかったから?

 

アナウンサーに求められる話し方としては標準語であることが当たり前なのですが尾崎里紗アナの場合、福岡の訛りが抜けきっていないという点で世間からは「きちんとアナウンサーの勉強、練習を受けてきているの?」と疑問を持たれていたようです。その辺が高い競争率の中をかいくぐってきたようには見えないイメージにつながり”コネ入社”といった印象になってしまったようです。視聴者の目は厳しいですね。

 

しかし、大学卒業まで福岡で暮らし、アナウンサーとして日本テレビ入社と同時に東京に出てきて間もないとなるといかにプロといえど出てしまうものなのかもしれません。ましてや訛りが強い地域だった場合はよりそうなってしまうのでしょう。(尾崎里紗アナが住んでいた地域の訛り度合いがどれほどまでかは不明ですが)

 

これらを見ると、コネに繋がる要因としての根拠には弱い印象です。

 

他のアナウンサーと比べれば訛りがあったり、個性というものが若干弱いかもしれませんが、その点でアナウンサーに駆け上ったことに疑問を持つのは短絡的にも見えます。世間からは尾崎里紗アナといえば「かわいい」という声が第一にあがる程なので今後はその訛りを逆に個性の1つとして尾崎里紗アナに頑張っていってもらえればと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ