高橋真麻の”カップサイズ本物?疑惑”や痩せた理由は心労元の劣等感?

この記事は2分で読めます

高橋真麻さんといえばバラエティで元気に暴れる?といったとにかく元気なイメージがだいぶ強い女性ですが、一方で度々「痩せた(健康的ではない)」との声があがることもあり、テレビで見かけるイメージと現実とではだいぶ違うのか?そして世間では度々話題に出るバストのカップサイズの話題と疑惑、意外とこの辺が彼女の本質的な部分に通じていそう…などなど、高橋真麻さんについて掘りさげてみようと思います。

 

スポンサーリンク

高橋真麻さんのカップサイズネタは今も成長中?

 

バストサイズのことでニュースになったり、その特徴を活かしたバラエティの企画に出たり等、彼女のセールスポイントやチャームポイントにまでなっていて芸能人としては願ったり叶ったりにも思えます。ただ、その反面の悩みもあるようで

 

「肩凝りますし、支えてないと揺れて痛いから、本当に走れない」

https://mdpr.jp/news/detail/1725210

 

といった苦労もあるようです。

 

そして、このカップサイズについてバラエティでも言われていた”最近も成長中”といった表現は遠回しに手術をしている?といったようにも受け取れます。

 

仮に、このバストが本物ではなく、手術をしていた場合は当然ながら「無いこと」に対するコンプレックスからのものがわかります。これも女性の悩みの一つなので、手に入れたかったものなのでしょう。

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

実は高橋真麻さんはネガティブな無い物ねだりさんな性格?

 

”コンプレックス”や”無い物ねだり”は大半の人に当然のようにある感覚ですが、以下のニュースに取り上げられた不幸を望む願望には驚きました。

 

 

真麻は「人は他人の幸せに興味がないと思うから、家族も仲良くて、仕事も順調で、『これで新婚さんでラブラブです』って言うのが怖いから不幸でいたい」と胸の内を明かし、スタジオは驚愕した。
https://sirabee.com/2017/12/01/20161396275/

 

世間の無関心に対し「幸せを発信することが怖い」ということから幸せに踏み切れないのだそうです。自虐的な考えやコンプレックスが絡んでしまっているように見えます。もしかしたら高橋真麻さんは結構な闇を抱えている人なのかもしれません。

 

 

高橋真麻さんは父親が心配する程のネガティブ思考の持ち主?

 

高橋真麻さんは父親である高橋英樹さんが心配する程のネガティブ思考なのだそう…テレビのバラエティで見るキャラクターではとてもそうは見えませんが実際は後ろ向きな考えの人のようです。

本人の発言によると↓

 

引用
自身の容姿がテレビ向きでないと思っているようだ。女友達との会話でも「私、ビジュアルがよくないから~」と何度もこぼしている。
https://asajo.jp/excerpt/36922

 

芸能界という世界で言えば目立てるビジュアルではないかもしれませんが、身近にいたら決してそんなこともないビジュアルなので、彼女のこういった発言を聞くと「幸せってなんだろう?」とついつい思わされてしまいます。本当に人によりけりですよね。

 

上の発言は恐らくは慰めてほしいか、ネガティブに思っている部分を否定してもらいたいのでしょう。これでは闇を抱えているように見えてしまいます。

 

こういった悩みが度々話題になる”痩せた理由”へと繋がっているのでしょう。果たして高橋真麻さんが満面の笑みで幸せをお茶の間の皆さんへ発表してくれる時はくるのでしょうか?その時にはもしかするとコンプレックスやネガティブ思考が無くなっている時なのかもしれません。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ