漫画村の閉鎖秒読み?2018年政府介入でネット史が変わる?

この記事は3分で読めます

違法漫画配信サイトとして今日本で最も名高いサイト”漫画村”にとうとう政府からプロバイダーに対し、アクセスを遮断するように要請する準備に入ったというのです。これによって今まで騒ぎとなっていた漫画村の違法配信問題にとうとう終止符が打たれる事になるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

現時点での漫画村についての報道とネットの声

 

政府は国内に拠点を置くインターネット接続業者(プロバイダー)に対し、ネット上で漫画や雑誌を無料で読めるようにしている海賊版サイトへの接続を遮断する措置(サイトブロッキング)を実施するよう要請する調整に入った。月内にも犯罪対策閣僚会議を開催し、正式決定する見通し。

三つの海賊版サイトの具体名を挙げ、接続業者に要請する予定。うち2サイトは中国など他国で行政指導や捜査当局の摘発を受けたにもかかわらず、日本国内からアクセスすると閲覧できる状況が続いている。

ただ、接続遮断要請に明快な法的根拠はない。

http://mainichi.jp/articles/20180406/k00/00m/010/174000c

 

 

よくネット上で聞くのは、「ユーザーが誰も利用しなければ漫画村は閉鎖になる」という内容を見かけたりしますが、それは現実的ではないということでした。しかし、今回はプロバイダーが接続を遮断するという力技でアクセスをできなくする処理なので漫画村にとっては致命的な対応となるのです。(現時点では要請の準備&プロバイダーが応じるとは限らない)

 

 

この動きに対して世間の意見はというと。

 

・出版社は反対しないの? 

・検閲行為では?

・漫画村は目立ち過ぎた

・どうどうと表に喧嘩売ったり、ユーザーもユーザーで漫画村を正当化するようなツイートとかがまずかったね。

・これ中国的では?

 

といった意見が見られました。

 

 

漫画村問題が新たなネット規制を生み出す布石に?

 

で、実際にこの要請が通った場合、問題とされる点に

 

「政府が要請さえすればネットはいくらでも検閲ができてしまう」

 

というなかなか恐怖な判例を作ってしまう事になります。

 

これによって、今まで使えてきたサイトがある時を境に急に閲覧ができなくなるといった、中国でありがちなことが実際に日本でも起こりうる布石になってしまうのでは?という恐れがあります。

※ただし、今回アクセス遮断の対象となっているサイトは違法サイトとされるものなのでアクセス制限をかけられてもしょうがないかと

 

それと、この漫画村を擁護するわけではなりませんが、やはり目立ち過ぎた感は否めません。

 

一部の人達のみが知っているマイナーな存在であればここまでの動きにはならなかったでしょうし、細々と運営を継続することができ続けたかもしれません。違法サイトですが…(まだ閉鎖もされていません)

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

目立ち過ぎた漫画村が利用した炎上商法

 

煽りその1

漫画家が漫画村のことについて漫画で違法ということやユーザーに閲覧しないようにと書いた事が逆に漫画村にとって知名度を上げる事になったことについて

 

 

なかなかな煽りですね(汗)

 

一般的に炎上と聞くとネガティブな結果になるイメージですが、漫画村にとってはアクセスアップ=利益にしかならないので「どんな形であれ話題になることならカモン♪」といったところでしょうか…

 

しかし、「漫画家さんが広告してくれたおかげ」って…

 

 

煽りその2

 

 

これは漫画村が「違法かどうか?」ということについて説明しているQ&Aです。北朝鮮の話題を持ち出してそれらしく説明していますが、この場合果たして違法ではないのでしょうか?この説明について弁護士や警察の関係者が見てどう思ったのでしょう?

 

 

煽りその3

 

公式でもないのに有料版を発表する。

 

 

話題性としてものすごいことなのですが、調べてみるとこの有料版はユーザーにとって様々な危険をはらんでいる恐れがあります。

 

 

・クレジットカード情報を悪用される恐れ

・ZIPでダウンロード=違法と知りながらのダウンロードなので違法行為

 

などなど、ユーザーを巻き込む段階に入っていることから、そろそろ漫画村の閉鎖も現実味を帯びて来たといった様子です。

 

 

他にも色々と噂や話題を呼ぶ漫画村ですが、今回の件は単純に漫画村の違法性の問題だけではなく、ネットの規制や検閲にまで関わってくるなど話はかなり大きなものとなっています。果たして年内である2018年でこの漫画村は終止符が打たれるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ