レスリングパワハラ問題の告発者が誰か判明!告発者の安達巧とは?

この記事は2分で読めます

世間でスポーツ業界を賑わせているレスリングパワハラ問題、この業界で行われているパワハラ問題が女子レスリングの伊調馨選手の練習環境に深刻な影響を与えていたのですが、とうとうその問題に対して内部告発が行われました。そして、その人物が誰か?という流れになっていたのですが、今回告発者である人物が公の場へと現れ、その人物がレスリングコーチの足達巧さんということがわかりました。この足達巧さんはどんな人で今回どのような意思で告発に臨んだのでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

安達巧さんが告発に至った原因、理由

 

今回、大騒動を呼び起こすきっかけとなるであろう安達巧さんが告発に至った経緯としては「東京オリンピックを控えている上で、今しか告発するタイミングが無い」といった考えの元で告発に踏み切ったそうです。それほど伊調馨選手の練習に影響を与えていたパワハラ問題がどのようなものか簡単にまとめてみました。

 

伊調馨選手の周りで起こったパワハラ

 

・伊調馨選手のコーチ(田南部力さん)にへの圧力

・伊調馨選手が男子選手の合宿へ参加することの禁止

・伊調馨選手が利用していた練習場”警視庁レスリングクラブ”の出入り禁止

 

といったことが行われていたそうです。

もし、他の練習の場に伊調馨選手が向かえば、その練習の場の関係者にも圧力がかかることを考えるとまともに練習ができる状況ではなかったというのです。

 

これにより伊調馨選手が東京オリンピックを参加するに辺り、今後を危惧およびレスリング業界の浄化を思い本件の安達巧さんと伊調馨選手のコーチである田南部力さんが今回の告発に踏み切ったとのこと。

 

パワハラ問題がどのようなものであるかは業界の人間のみぞ知るといった状況ですが、やはりスポーツ業界というのも人間関係は難しいもので、その業界の重鎮が大きな力や影響力を持つとたった一人の意思でその業界をどのようにも操れてしまうというのがあるので(もちろんある程度の反発も発生することはありますが)、業界が大きいと人間関係による業界内の政治が発生してしまうので時によってはそれもまた問題となります。業界が大きくなり、システム化される分にはいいのでしょうけど、今回のようなレスリングの要となる練習環境への障害が発生してしまえばそれは由々しき問題となります。

 

よくある、スポーツ団体などが業界内の政治により団体が分裂して様々な派閥、団体へと分かれてしまうこと等を目にすることがありますが、これも業界における政治問題と言えます。

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

安達巧さんの人物像

 

今回告発に至った安達巧さんの経歴は以下の通り↓

 

名前:安達 巧(あだち たくみ)
生年月日:1966年4月11日
年齢:51歳(2018年3月現在)
出身地:鹿児島県 南さつま市
現住所:神奈川県 川崎市
出身校:樟南高等学校→日本体育大学

 

<選手としての経歴>
1990年 北京アジア大会 フリースタイル62kg級優勝
1990年 世界選手権 同種目4位
1992年 バルセロナオリンピック 同種目出場

 

<指導者としての経歴>

1999年〜2009年まで日本体育大学レスリング部監督
シドニーオリンピック、アテネオリンピック、北京オリンピック支援コーチを務める。
1999年〜2008年には日本レスリング協会のナショナルコーチ。

指導者として、オリンピック選手を輩出するなど指導者

 

<現在〜>

「GEN SPORTS ACADEMY」というスポーツクラブでレスリング部門の代表。

 

安達巧さんもまたレスリング業界での重鎮的存在です。そしてパワハラ問題の根幹となっている栄和人監督とも現役時代に闘っている関係。

 

尚、今回の告発についてお話している様子は以下から↓(週刊文春公式)

 

 

これからさらなる波乱がスタートしそうな雰囲気ですが今後どのような展開を見せるのでしょうか?気になるところです。

 

 

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ