眞子様、破談目前?実は遠回しな婚約破棄?の理由や原因を考察

この記事は3分で読めます

世間でとても話題になった眞子様と小室圭さんとの婚約話、様々な観点で注目となりました。主に小室圭さんの身辺(一般人な故に)について気になる人が多く、色んな憶測が飛び交い一時は「この青年で大丈夫なのだろうか?」なんて声も…。そんな中、今度はなんと結婚を2年延期という前代未聞の婚約破棄?をも匂わす様な状況にまでなってきました。この流れだと破談は近いのでしょうか?そしてここまでに至ってしまった理由や原因は何なのでしょう?

 

 

スポンサーリンク

今回の話題元となった宮内庁の発表内容

 

宮内庁の発表で本人達の声が発表されました。

 

 

 

 これまでのことを振り返ってみたいと思います。昨年5月、予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしましたが、結婚の意思を固めていたことから、曖昧な状態を長引かせない方がよいとの判断をし、当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました。婚約の内定発表に際しては、多くの方々がお祝いのお気持ちを寄せてくださったことを大変有り難く思っております。その後、昨年11月には、それ以降の諸行事の予定を立て、発表いたしました。

 

=あくまで”婚約”を内定であって”結婚”内定ではないのだが報道対象となってしまった

 

 

 しかし、色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。ここで一度、この速度が自分たちに本当に合っているのかを慎重に考えるべきでしたが、婚約の内定発表に関しても、それ以降の事柄に関しても、私たちはそのまま前に進むという選択をしてまいりました。

 今、私たちは、結婚という人生の節目をより良い形で迎えたいと考えております。そして、そのために二人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております。本来であれば婚約内定の発表をするまでにその次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶わなかったのは私たちの未熟さゆえであると反省するばかりです。

 

=小室圭さんの身辺などが、皇室に本当にふさわしいかどうかを見極める前に発進してしまった感

 

 

 これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました。

 一度決めた予定を大幅に変更することは、私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております。

 私は、結婚に関わる諸行事を延期したい旨、天皇皇后両陛下にご報告申し上げました。両陛下は、私たち二人の気持ちを尊重してくださいました。

 私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います。

 

=再来年2020年とは言っているが、世間では「遠回しに破談を言っているのでは?」といった印象

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

そして報道されてしまった母親の借金が400万円の件

 

小室さんの母親は17年末から週刊誌で金銭トラブルが報じられていた。「週刊女性」18年2月6日発売号(20日号)によると、母親は元婚約者の男性から400万円を超える借金を抱えトラブルに。宮内庁関係者の話として、小室さんは秋篠宮さまに「この件はまったく知らなかった。直接説明したい」と申し出たものの「結構です」と断られたことや、その後宮内庁が小室さんを極秘に呼び出したことも書かれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180206-00000014-jct-soci

 

これが原因で今回の婚約破棄の布石?となったようにも見えます。

 

そして、一番無難な理由である”借金問題”を確認することを名目にして、ネット上で囁かれている様々な噂の真偽を調べるのでは?ということも考えられます。あくまで噂な為、不確定要素が多いので深くは掘り下げませんが、ネットで噂される母親の宗教に関する話題や父方での謎の部分など、この辺りの事実がどうなのかを確認するのかもしれません。(皇室なのでもしかしたら既に裏を取ってあるのかもですが…)

この流れだと、時間をおいてほとぼりが冷めたところでやんわりと婚約破棄をする可能性があるのでは?

 

眞子様の心中を察するに、せっかくおめでたい話だったのにこのようなことになってしまいとても残念ですが、スキャンダルのネタとして扱われかねない以上は皇室のことを考えると破談となる方が波風が立たないのかもしれません。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ