鈴木あきえ面白いけど下品なために辰巳雄大との発展は無かった!?

この記事は2分で読めます

王様のブランチでの盛り上げ役?とも言えるような明るいキャラの鈴木あきえですがネット上では「面白いけど下品」といった声が見られ、恋の話があがったと思えば発展せず?といった傾向がある彼女、本人も失恋したといったコメントをしているところを見るとどうやら彼女のキャラクターに何かしら原因があるのでは?などとついつい考えてしまいます。一体彼女のキャラクターはどういったものなのでしょう?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

◎芸人ばりの面白さを持つ鈴木あきえ

 

元々はグラビアアイドルだった鈴木あきえ

そこでメディアの露出に対して抵抗が無くなったのでしょうが

彼女の物怖じしない胆の座った雰囲気から発するキャラクターは

「芸人か!?」と思わせる程のトークです。

 

以前、バイク王のPRイベントでの話し方はベテラン芸人を思わせる程の

登場の仕方やトーク等、これらを見ると非常に面白いキャラクターで

周りを笑わせる話し方をするので若い人よりはオジ様層に受けそうな気がします笑

見てて本当に楽しいですからね♪

 

<MAiDiGiTV>

 

 

冒頭の登場で「鈴木☆センチメンタル☆あきえでございま~す」と

挨拶しています。確かに面白い!

そして原付バイクを「原チャリ」とも発言しています笑

だいぶユニークなキャラですがプライベートになったら一体どうなってしまうのでしょう?

 

 

スポンサードリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

◎鈴木あきえのユニークキャラは異性にモテない?

 

しかし、女性がこういったキャラクターだと人によっては”下品”ととらえる人がいるのも事実です。また、こういった部分で「女性として意識できない」と異性から見られることもありがちです。そう考えると辰巳雄大との噂も根拠はあったのかもしれませんが発展までには至らなかったというパターンというのも考えられます。

 

しかし、彼女のインタビューを受ける姿やリポーターとしての姿を見ると面白いキャラクターとは裏腹にかなり可愛いですね!

ユニークな女性が好きな人から見たらかなり魅力的にも思えます。

自身で自分のことを「芸能界長めの低空飛行が続いている」と発言していますが

個人的にはこのままのキャラでもそのうち上昇しそうな気がします。

 

 

 

ここで鈴木あきえの姓名判断!ドドン!(芸名で)

 

 

鈴木あきえさんの総運は27画の3点!

摩擦 孤立 受難 頭脳明晰 猛進 強情

人生を表す1番重要な運勢です。生涯を通じて影響する総合運となり、主に50歳以降の晩年期に影響を及ぼします。苗字と名前の合計画数。

 

人運は7画の4点!

権威 独立心 人気 孤立 強い意志 自立 直情 信念

性格や才能などを表す2番目に重要な運勢です。人間関係や協調性、社会的な成功に影響します。主に20歳から50歳ぐらいまでの中年期の運勢を表します。苗字の下1文字と、名前の上1文字の合計画数。

 

外運は20画の1点!

悲観 薄幸 別離 災厄 社交下手 災難 離散 非業

生活面を象徴する運勢です。外部から受ける影響力を表し、結婚運、家庭運や職場、環境への順応性を表します。総運から人運を引いた画数。姓や名が1文字の場合を除く。

 

地運は10画の1点!

多難 大凶 破滅 不遇 孤独 極端

個性を表す基礎的な運勢です。性格形成や対人関係、行動力など家庭環境に影響されます。主に誕生してから20歳くらいまでの若年期の運勢を表します。名前の合計画数。

 

天運は17画の4点!

積極的 地位 財産 権威 積極性 純粋 直感

家系が持つ宿命的な運勢を表します。祖先から受け継いだ苗字ですので自分の力が及びません。家柄を象徴します。苗字の合計画数。

 

 

雰囲気としてはエネルギッシュな感じですね!

結婚運は…うーんですが

しかし全体的な運勢はとても強い人間といった感じなので低空飛行もじき卒業ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

         
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ