稀勢の里の横綱昇進に挙る反対の声は協会の焦りが生みだしたもの?

この記事は2分で読めます

世間では稀勢の里が日本出身の横綱昇進は19年ぶりということでとてもおめでたいムードで報道されている一方で聞こえてくる「反対」の声、この反対の声は協会の思惑により生み出されている?といった説が流れています。果たしてこれはどういったことなのでしょうか?

 

国技館

 

スポンサーリンク

早すぎる横綱?稀勢の里

 

稀勢の里が横綱へと昇進することに対しての疑問の声として多いものはやはり「早い」というもの。というのも横綱へと昇進する条件というものは”大関で2場所連続優勝”というものなのだが今回の稀勢の里については初優勝での横綱ということで疑問の声が挙っているのである。

 

 

優勝が無くとも年間最多勝という前代未聞の記録を持っているのもまた異例の記録であり、横綱昇進への判断基準となったのかもしれませんが、やはり横綱にふさわしい安定した実力を持っているのだろうか?という点では疑問の声が出てしまうのは仕方の無いことなのかもしれません。

 

 

横綱に昇進した後に無類の強さを振るうのならばファンとしても安心して見ていれますが、横綱に昇進してから負け込んだり実力発揮できずといった横綱になってしまったら目も当てられないというのが反対の声の大部分のように見えます。

 

 

そのためか「来場所まで見てみたい」等といった意見もあり、やはり実力を示してから、またはふさわしい実力を誇ってから横綱へと昇進してほしいと相撲を愛する人ならではといった考えが読み取れます。

 

 

では何故こういった声が挙ることを予測できたにも関わらず横綱昇進へと至ったのでしょうか?

続きは後半から

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

協会が国産ヒーローを生み出すことを望んだ?

 

 

昨今の横綱というと海外出身の関取が台横綱に昇進というイメージが圧倒的に強いです。もちろん実力があることの表れなので問題は無いことなのですが、日本の国技と言う以上は協会としてもどうしても日本出身の横綱を求めていても不思議なことではありません。

 

 

いわば外国勢が台頭している角界の中、強い日本人力士が横綱になってほしいという協会、相撲ファンの気持ちを実現しようとしているということの表れでしょうか…(協会がこのような考えで動いていると断定しているわけではありません)

 

 

もしかしたらこのような意思があって今回のような若干早い横綱昇進劇が起こったのかもしれません。一相撲ファンとしては今回の稀勢の里横綱昇進、日本出身力士19年ぶりの横綱はとても嬉しいことです。「やっときたか!」といった気分でつい喜んでしまいました。今後稀勢の里が横綱昇進した後には横綱にふさわしい強さを見せ続けてほしいものです。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ