元谷外志雄(藤誠志)の著書による炎上事件に対して中国人の反撃

この記事は2分で読めます

現在世間ではアパホテルに置いてある書籍によるSNS炎上事件が話題になっていますが、この件に対し中国のネットではアパホテルに対しネガティブな声が飛び交う状況へとなりました。そして、それについて中国内でネット上のみならず中国内のサービスでも動きが出始めているのです。

 

 

 

スポンサーリンク

元谷外志雄(藤誠志)氏の著書による炎上の発端

 

事の発端はアパホテルに宿泊した男女がホテルの客室に置かれている本を読み、ネットへとその本のことを

シェアしたことに始まったのです。

 

 

本人達(アメリカ人女性と中国人男性のカップル)は政治的問題にするつもりではなくホテルに置いてある著書について、”ありのまま世間へ事実のみを報道する”といったあくまで中立的な姿勢でネットへとアップすることに至ったようです。

 

 

そしてアパホテルに置いてあった著書、元谷外志雄(藤誠志)の著書の内容は日本と中国との過去の南京問題について述べた内容なのですが、中国にとっては望ましくない内容だったため物議を醸すこととなったのです。

 

 

今回の件としては元谷外志雄(藤誠志)の著書の内容と中国人の歴史的意見が対立したことによって炎上したのですが、中立的立場として見れば、客室に、サービスをお客様に提供している場に政治的な主張を置いていたことが問題と見えたのかもしれません。

 

 

元谷外志雄(藤誠志)氏が完全なる個人の場で主張していたのなら個人の主張となるだけなのですが、ホテルの客室に置いてあったということで今回の当事者達はアップしたようです。

 

 

これらの問題はとてもデリケートな問題故にここまで話題となってしまいましたが、ホテル側としてはこの著書は置き続けるとしているそうです。この動きを見て日本国内の巨大掲示板といった人達からは「支持する」という声が挙っています。今現在、「日本では中々言えない主張を声を大にして言ってくれた」といった気持ちが大きいのでしょう。

 

これらに対して中国人側の反撃?は後半から

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

中国人のアパホテルに対する反撃

 

これに対して中国人側の反撃とも言うべきか、現時点では中国の旅行予約サイト「携程(シートリップ)網」にてアパホテルが表示されない状況になっているそうです。旅行サイトの担当者はこの件があったため中国内での多くのサイトで予約ができなくなっていると語っているとのこと。

 

飛行機

 

現在、日本国内では”爆買い”ブームで多くの中国人旅行者が訪れていますが、この件によって日本国内でも中国人の観光について変化が出るのでは?といった声が挙っています。

 

中国内の旅行サイトに表示されなくなった次は「中国人が日本旅行でアパホテルへと訪れなくなるのでは?」という説です。日本国内において多くの中国人旅行者をたびたびホテルで見かけますが、それも変わってくるのかもしれません。(アパホテルでは中国人旅行者を見ることがなくなるかもしれない説)

 

 

 

 

まとめ

 

元谷外志雄氏はアパグループの創始者として実業家としてとてつもない手腕を持った人です。そして強い信念を持った人なのでしょう。それは今回の件に対しての姿勢にも写っています。昨今では他国からクレームが入った場合、すぐに訂正&謝罪といった”迅速に穏便に済ます”という企業が多い中、クレームに動じない姿勢はとても”骨がある”ように見えます。それ故に支持する人達が出てくるのでしょう。

 

今後この話題はどのように進んでいくのかは予測がつきませんが、個人的に政治色は抜きにして元谷外志雄氏のブレない、骨のある姿勢を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

         
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

サイトについてのお問い合わせ