世間の情報の海を行くブログ

シャープ、鴻海の件で希望退職の割増対象者はどうなる?

最近のメディアではシャープの買収に関する報道が頻繁になされています。これは今後の日本の電気産業等の再編にも関わる重要な問題ですので、当事者以外でも多くの方が関心をもってメディアの報道を聞いています。外国資本による日本の巨大企業の買収劇は果たしてどのような結末を迎えるのでしょうか?

スポンサーリンク

リストラや希望退職者の問題をどのように考えるか

 

 

今回のシャープの問題で大きな関心があるのは従業員の雇用に関しての問題です。このような雇用の問題は大変重要な問題であり希望退職者等が増えていく中で、彼らに払う退職金が企業にとって大変重要な問題となります。

 
特別損失として計上される部分も大変大きいので、そのような費用を考えるとシャープの経営をもっと大きく圧迫させる恐れも十分に考えられるのです。昨年の発表の段階で3500人程度の希望退職に合意したと発表され、対象年令となる社員は45歳~59歳との事でした。また既存社員の給与削減も発表されましたので、多くの社員にとっては大変な思いを感じているに違いありません。

 

 

 

ホンハイのシャープ買収によって今後はどのようになっていくのか

 

 

年明けからホンハイ精密工業による買収が取り沙汰されていますが今後、シャープの買収劇はどのように展開されていくのでしょうか。現在、ホンハイ側は買収後のリストラ策等を具体的には発表していませんがそれでもやはり多くの方がリストラされる可能性について真剣に考えているのではないでしょうか。

経営状況が非常に芳しくない中で割増の退職金も希望できず再就職も難しい現状においてはやはり、中高年の社員にとっては大変悩ましい問題が続いています。

 

 

また具体的な買収の話が進展していく中でホンハイ側から更なる要求が提示される可能性も十分にあるので、余談を許さない状況が続きます。更なるリストラや対象者の年齢の引き下げやその他の提案も考えられるのです。

 

 

一般的に大企業の退職金は40歳~59歳の場合

 

2000~3000万円

 

この内、59歳の年齢で2500~3000万円と言われています。

 

 

退職金はこれ以上増えないという可能性が十分に考えられるので、社員はどのタイミングで退職を決断するかが大変重要な事なります。もし上記の範囲~それ以上での額面が提示された場合は賢明な判断をするべきなのかもしれません。

日本を代表する会社ということで今回の買収劇は大変な騒ぎを起こしています。
外資系企業に買収される抵抗感や不安感は多くの人が持つことでしょう。
日本の企業文化とな異なるドラスティック(社風が業務に対し徹底な姿勢)な環境で生活に不安を抱える事のないように多くの社員やステークホルダー(企業に対し利害関係を持つ人達)が納得するような合意提案で買収劇が終了する事を願っているのは筆者だけではないはずです。昔からシャープは日本の代表的な会社として多くの方から愛されてきた会社です。是非ブランド復活を目指して頂きたいものです。

 

 

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます↓

 

シャープのリストラは40歳以上が対象に?2016度はヤバい!?

 

リボを多用しているアナタ!車購入時の銀行ローンを諦めていない?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

筆者プロフィール

名:社竹

社会人です。普段様々な目にする情報を元に役立ちそうなことや勉強になりそうなことなどをピックアップして発信していきます。よろしくお願いします!

 

お問い合わせ