世間の情報の海を行くブログ

シャープのリストラは40歳以上が対象に?2016度はヤバい!?

最近メディアで盛んに報道されている問題に日本を代表する大企業であるシャープが台湾の企業であるホンハイ精密工業によって買収される問題があります。かつては液晶分野の成功等で大変大きな利益を計上した会社ですが最近では経営不振にあえぎ、産業再生機構や外資系企業を巻き込んでの買収、再生劇が繰り広げられています。

 

スポンサーリンク

今回のシャープ買収でリストラは果たして行われるのか?

今回の買収に関しては、今後の流れに対しては大変な注目が集まっています。
そこで働く社員にとっては大変重要な問題です。もし買収されるような事態になれば今後、従業員のリストラ等も十分に考えられるのです。
経営状況の悪化が表面化した段階からシャープにおいては45歳以上の社員の希望退職を募っていました。この年代は家族や住宅ローン等を抱え、経済的にとても大変な年代でもあります。このような年代の人々にとって仕事を無くす事は深刻な問題なのです。

 

 

買収の最有力候補として考えられているホンハイ側とシャープ側の交渉は続いていますが、焦点はブランドの維持や、事業規模等に加えてやはり雇用の維持に関しても大きな関心が持たれています。日本では一般的に終身雇用が前提でより多くの方がこの神話を信じて入社しています。
しかし、今回の買収に伴いホンハイは40歳以下の社員に関して「雇用は維持する」との見解を示していますが、それ以上の年代の社員に関しては多くを述べていません。この点からしても40歳以上の社員の方にとってはリストラの可能性があると考えられるため不安な日々が続いています。仮に大規模なリストラが行われた場合は多くの社員、その家族を路頭に迷わせることになるのです。

 

 

 

スポンサーリンク
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

果たして外資系によるシャープ買収は日本企業や産業においてプラスなのか?

政府主導で事業の再生を行った場合は、業界の再編が活性化されるとの思惑もありました。
日本の企業の国際競争力を高めるは、このようなタイミングで企業再編を行なっていく事が一つの重要な政策でも合ったのです。
しかし、ホンハイのような海外企業が日本を買収する事で、新たな資本が日本に入ってきて国際競争力が増すという考え方も成り立つのです。
外資系企業の傘下になるということは、その会社の企業風土によっても大きく変わっていきます。

 
2016年はシャープの買収劇を契機として多くの家電メーカー等にも再編の波が押し寄せていくかも知れません。

いずれにせよ、日本のお家芸である高い品質等を維持して雇用をきちんと考えていく事は大変重要な事です。40歳以上の方でも高い知識やスキルを有する方は沢山いらっしやいます。したがって彼らの持つ豊富な知識と経験を活かしていくことも大変重要なことなのです。

 

もしこのままホンハイに買収となる事で最終的な合意を見るようであっても両者にとって納得のいく方法、そしてそこで働く人間にとって幸福となるような方法で行って頂きたいとは多くの方が考えているのではないでしょうか。

 

 

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます。

 

シャープ、鴻海の件で希望退職の割増対象者はどうなる?

 

リボを多用しているアナタ!車購入時の銀行ローンを諦めていない?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

筆者プロフィール

名:社竹

社会人です。普段様々な目にする情報を元に役立ちそうなことや勉強になりそうなことなどをピックアップして発信していきます。よろしくお願いします!

 

お問い合わせ