浅田真央復帰における理由と世間や海外の反応から見えた黒い影

この記事は3分で読めます

本日、浅田真央選手が復帰会見を行いました。この考えまでに様々な思いがあったのでしょうが
一体どんな理由があったのでしょう?そして海外の反応に対し、ネット上での憶測等を見ると
スケート界において黒い思惑もうごめいているように見えてしまうのは気のせいでしょうか?

 

目次

・浅田真央選手の復帰の理由で浮かぶスケート連盟との折り合い

・浅田真央選手が復帰もう一つの理由?危惧していた海外勢との接点が減った?

 

浅田選手はソチオリンピックで6位に入賞した後、
引退の可能性としては「ハーフハーフ」という言葉を残して
活動を休み、アイスショーといった舞台で活躍していました。
常に笑顔で意思を発表する姿はとても強い人なのだなとの印象が持てます。

 

では一体どんな理由から復帰に至ったのでしょうか?
今回取り上げる要因的噂は2点です。

 

スポンサーリンク

浅田真央選手の復帰の理由で浮かぶスケート連盟との折り合い

 

よく聞く噂としてスケート連盟とのお金にまつわる話があります。

 

スケート連盟=浅田選手が所属する事務所

 

といったイメージですが
「その連盟との収入のやり取りが1つの要因ではないか?」
との声があります。

 

 

浅田真央はプロ宣言していないため、CM収入の20%をスケート連盟に納めなければならない。浅田は1社あたり3千万円、計10社とスポンサー契約し3億円を得ている。浅田がプロ転向すれば、スケート連盟は(3億×20%=)6千万の収入を失うことになり、なんとしても阻止したいところだ。

 

 

さらにソチ五輪後に、1社あたり5千万円前後、企業数も15社にアップするのではないかといわれており、浅田がアマのままなら1億5千万の収入が見込める。
(別の週刊誌ではスケ連の搾取は20%どころではない、と書かれていました)”

 

 

といった噂があり、これらの件において連盟との摩擦があったのでは?
などとの説が…。

 

世間一般から見たら、いわば金のなる木として扱われてるのでは?
といった様にも見えますし、そういった声もちらほら見られました。

しかし復帰宣言をしたことによって
この件は既に折り合いがついていたのかもしれません。

 

もう一つの復帰要因?とされる海外との摩擦は後半から

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

浅田真央選手が復帰もう一つの理由?危惧していた海外勢との接点が減った?

 

そしてもう一つの要因では?と声が高いのは
浅田選手のライバルであるキム・ヨナ選手と応援する韓国側の説で
事実かは定かではありませんが、キムヨナ選手との間に発生したとされる
黒い噂があるのです。

 

偶然かもしれませんが

 

・浅田選手のウォームアップの時に障害となる動きをする?説
・会見時には浅田選手の席にバッグを置く
・メディアでの扱いが批判的?
・海外ネチズンからの心無い声

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

夏休み工作で低学年女子向け簡単なのをまとめてみたので必見!

» 低学年女子向け夏休み工作特集!

スポンサーリンク