川崎宗則(ムネリン)現在の病気からの復帰報道は2018内に?

この記事は2分で読めます

福岡ソフトバンクホークス球団の川崎宗則選手ことムネリンがなんと自律神経の病気を発病したことにより引退や退団といった噂が流れていますが、一体これはどういうことなのでしょうか?本当に引退なのか?などなど様々な声が飛び交っていますが、それについてネット上の情報を元にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

ムネリンが患っている自律神経の病気って何?

 

川崎宗則選手の現在の言葉に

 

「自律神経の病気により体を動かすことを拒絶するようになった」

 

という発言がありますが、自由に身体を動かすことができない

=「ベストなパフォーマンスで身体を動かすことができない」

 

ということですが、これについてネット上で囁かれているのが「もしかしたら鬱病なのでは?」という説。

 

自律神経の病気というと、自律神経の異常で身体に不調が出るといったものだそうですが、今回の川崎宗則選手の場合は「身体を動かすことを拒否する」といったものなので確かに”鬱病”説もうなづけます。

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

ムネリンが自律神経の病気になった理由とされる説

 

自律神経の病気にかかった時期はアキレス腱をケガしてそのリハビリをしている時期にかかってしまったということですが、それ以前に川崎宗則選手の自律神経を追い詰めることになったのでは?と噂される原因に「彼の明るくユーモア溢れるキャラクターが負担だった」説があがっています。

 

彼のアメリカでの姿を見るととても明るく、スポーツキャスターを笑わせたりなどとコメディアンのようなキャラクターで周囲を楽しませています。その姿を見ていると「野球だけでなく人をここまで笑わせるなんてスゴいな~」と思う程です。

 

ただ、野球ファンの間では「このキャラクターで本人的には結構無理していたのでは?」といった冷静な意見が飛び交っています。

 

このようにキャラクターを演じることが負担となる例としてよく挙げられるのは芸人のナイナイの岡村さんが、根は真面目なのに対して陽気なキャラクターを演じていたことが負担になって心を病んだこと。

 

このように川崎宗則選手もキャラクター設定の為に無理をしていたのかもしれません。ましてやアメリカの野球となるとプレッシャーも半端ではないものでしょう。

 

 

2018年内には復帰報道はされるか?

 

現在、世間では色々と引退や退団といったことが言われていますが、引退ではなく正確には自由契約といった形へ変更するための退団だそうです。

 

プロ野球 自由契約の状態では、選手は国内外やプロアマを問わずあらゆる球団と契約交渉できる。 自由契約と対置されるのが任意引退であり、任意引退の場合、直前に所属していた球団が保有権を有するため、球団が交渉を許可するか、保有権を放棄しない限り、他球団との契約交渉ができない。

wikiより

 

 

このようなことから、契約変更における退団ということなので野球を引退するということではなさそうです。ホッとしましたね。

 

2018年内すぐに大きな動きはあるかどうかは読みにくいですが、病気の様子を見て選手としていくかコーチとしていくか等、ベテラン選手のキャリアでチームに携わっていくのではないでしょうか?

 

”ムネリン”の愛称でここまで慕われてきた川崎宗則選手、是非とも元気な姿でカムバックしてもらいたいです!

スポンサーリンク

         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。