LIMEX製名刺の価格が気になったので紙製と比較してみた

この記事は2分で読めます

テレビで紹介されていたLIMEX、名前だけ聞くとスポーツ用品かな?などと勘違いしてしまいそうですが、こちらは新しい紙媒体となりえる新素材!なんと”濡れない””破れない””木を使わない”などなど奇跡の紙なのです。そんなスゴい神について色々調べてみました。

 

スポンサーリンク

LIMEXの名刺は破れない!濡れない!

 

テレビ番組の”がっちりマンデー”でも紹介されていたのですが、なんとLIMEXで作られた名刺は破れない!普通、名刺なんて破ろうと思えば簡単に破れるものですがLIMEX製の名刺は破ろうとしても少し伸びるだけで破れないのです。

 

なんと強度に関してはPPフィルム(ラミネート)よりもLIMEXの方が丈夫なんだとか!実際に開発メーカーの社長さんもそのようにおっしゃってました。

テーブルのメニュー表や、屋外に置かれているPOPなど、水がかかる恐れや雨風がかかる条件の下で置いていても全く問題がないというスグレモノ!これだと屋外に案内を置くことの多い飲食店や個人経営のお店なんかはとても大助かりですよね!(ラミネーター)を買う必要性がなくなりますし…

 

 

水の中で文字が書ける

 

そして水の中で文字を書く事が可能というのも驚き!

 

実際にがっちりマンデーのテレビ番組内でこれを試していた加藤さん(極楽とんぼの)が「水の中で文字を書く事あります?笑」といった発言をしてましたが、これも水場で仕事をする人達にとってはかなり役立つのではないでしょうか?

 

・魚市場、水産加工場

・船関係、漁業

・洗車場のような水を使う環境

 

挙げたらキリがありませんが、このような環境でとっさにメモを取る必要性がある時にメモをとっても大丈夫というのが従来の紙製品からは想像が出来ない位スゴイ事です!

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

LIMEX製と紙製の名刺の価格比較例

 

これだけ有能な素材で作る事が出来る名刺なのでさぞかしお高いのだろうと思ったのですが、調べてみるとまあまあ手が届く値段でした。ラスクルさんのHPでLIMEXの名刺をオーダーできます。

 

値段は以下の通り。

 

(LIMEX)

・100部 = 1730円

・200部 = 3320円

 

(一般的な素材、ケント紙)

・100部 = 463円

・200部 = 920円

 

ラスクル

https://raksul.com/businesscard/standard/joshitsu_normal_4c4c/?amount=1

 

といった感じですが、耐水性や強度性能を求める人に取っては強い味方なのではないでしょうか?木や水を使用せずにリサイクル100%という驚きの素材なので、恐らくは今後もっと値段が下がる事でしょう。

 

実際に以下の様に紹介されています↓

 

某大手コンビニチェーンはプラスチックのリサイクル費用に年間17億円も支払っているが、LIMEX製のモノを使えば0円。さらに「紙と同じように、LIMEX製のプラスチック商品も低価格で提供することができる」(TBM)と言う。  

ITビジネスオンライン

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1611/16/news037.html

 

このようなことになれば様々な多くの企業からの評判から普及化に進み、今後もっと私達の生活を便利にしつつ”当たり前”の存在になるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

箱根駅伝の特集ページ