お祈り犬パタリロが可愛い過ぎると徳島県蓮光寺のマスコットに

この記事は2分で読めます

徳島県の蓮光寺というお寺にて、もはやマスコット化している”お祈りをする犬”パタリロ(ミニチュアシュナウザー:雄8歳)が話題になっています。なんと、このワンちゃんはお寺の住職がお経を唱え始めると住職さんの膝下に座って一緒にお祈りを始めるというのです。そんなユニークな犬がいると聞いたら驚きですよね?ではそのお祈りワンちゃんにクローズアップしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

お祈り犬パタリロがお祈りする姿

 

 

めちゃくちゃ可愛いですね!ちゃんとお手ての位置を直されて回りをキョロキョロしつつお祈りする姿はまるで子どもみたいです。

住職さんがお経を唱え始めると呼ばれたわけでもないのに廊下からやってくるのが面白いですね♪それで膝下にちょこんと座るのが可愛過ぎ!!ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪

 

 

というかワンちゃんサイズの袈裟をきちんと着てるのがポイントです!お祈りする姿にばかり目を取られていましたが格好を見て笑ってしまいました。”犬用の袈裟”なんて聞いたことないですからおそらく手作りの袈裟なのではないでしょうか。もう完全な住職ワンですね笑♪いつもこの格好をしているのでしょうか?お寺に訪れた時にこの袈裟を着たパタリロが出迎えてくれたら面白いですね♪

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 

お祈り犬パタリロがお祈りするきっかけとお寺に来た経緯

 

元々はペットショップにて売れ残っていたパタリロを見て飼うことを決意したそうです。

その時既にお寺にはネコ(しんのすけ:15歳)が飼われていたのですが、意外にもすんなりと仲良くなったそうです。ですがネコの方は15歳とかなりのお年寄りだったので出会ってから半年程でお別れに…

(ネコの寿命は約15歳、ネコの15歳は人間で言うと76歳程。パタリロの8歳は人間で言うと48歳、なかなかの貫禄のある年齢です。)

 

 

そしてなんとそのことをきっかけにしてか住職さんがお経を唱えているのを聞くと本堂にやってきてお祈りをしながら合掌をするようになったそうです。家族であるネコのことを想っているのでしょうか…

 

 

吉野川市川島町学の蓮光寺(れんこうじ)

徳島県吉野川市川島町三ツ島堂244

 

 

意外にいる?お祈りする犬

 

 

ちなみに他の犬でもお祈りするワンちゃんがいるようです。やっぱり可愛い!

 

 

 

 

ワンちゃんとしては人のお祈りする姿を見て真似していたのかもしれませんがいつの間にかに習慣化して一緒にお祈りをするようになったのでしょうね。ワンちゃんの祈祷も一風違った御利益を呼んでくれるかもしれません♪

 

 

 

スポンサーリンク

         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

箱根駅伝の特集ページ