ジャン・アレジの娘、エレナが日本を選んだシリアスな?な理由?

この記事は2分で読めます

ジャン・アレジさんと後藤久美子さんの間の娘、エレナ・アレジ・後藤さん(20)がなんと芸能界デビューするという報道がされました。今芸能界で勢いのあるハーフ系タレントの立ち位置となる彼女、どのように活動していくのでしょうか?

 

スポンサーリンク

何故エレナ・アレジは日本の芸能界でデビューなのか?

 

もともとエレナ・アレジさんはイギリス、ロンドンの映画学校に通っており今年卒業する予定、そして卒業後は日本で活動する予定なのだとか

 

↓以下報道サイトの原文(スポーツ報知)

エレナは現在、英ロンドンの映画学校に通っており、今秋に卒業予定。年末から日本に拠点を置き、タレント活動を行っていくという。
仏語、日本語はもちろん、英語、イタリア語も日常会話レベルで、さらにドイツ語、ロシア語の計6か国語が堪能な“世界的美少女”。映画監督になる夢を持っているが、モデルや女優業にも興味を持っているという。
オスカーは「語学力やキャラクターを生かして、可能性があることに幅広くチャレンジさせていきたい」としている。

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170925-OHT1T50261.html

 

 

 

 

これだけでも、とても優秀な人材というのがわかります。ここまでの人材が何故、イギリスの業界に進まずに日本なのだろう?と考えてしまいます。

 

もちろん母親が築いてきた土台で活動する方が成功への近道となるので日本を選んだのでしょう。芸能界はハーフ系美人はモデルとしてやタレントとしての活躍の場があるので、そこから映像系に関する仕事を増やしていくということが考えられます。ましてや両親が”ジャン・アレジと後藤久美子”という触れ込みはとてつもない破壊力となるのは間違いなし!

 

一方で気になる説としては、”欧米ではアジア系の人だと活動していく上でハードルが高い説”

 

”アジアンやアジアンの混血となるとメインの座を取ることが難しい”といったことがあるそうです。あくまでも活躍やアジア部門という枠を設けられているような雰囲気だとか…

一見、問題のあるような説ですが興行収入や視聴率等といったビジネスとして考えると白人が主役、メインであることが大事なのだそうです。こういった土台があることを考えた上で日本の舞台を選んだという可能性もあるのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

売り出し始めはセレブな生活をネタに?

エレナ・アレジさんは両親がスゴいことは周知の事実ですが、なんにしても父親のジャン・アレジさんの資産が凄まじいの一言!

なんと総資産400億円!

レーサーでトップシーンを走り続けていた資産のみならず、ワイナリーを経営して実業家としても一流なのでご家庭の様子を紹介するだけでもスゴいネタになってしまいます。もしかしたら父親のジャン・アレジさんがバラエティ番組に出演してくれるかもしれません!

 

そう考えるとしばらくはセレブネタだけでもいける?

 

 

語学力でクイズ系番組に?

6カ国の語学力という時点でとてもハイレベルな女性に見えることは間違いありません。元々、教養が高いのでしょうからクイズ番組や教養番組といったジャンルに攻めて行くことも可能でしょう。欧州文化についても熟知しているのですから海外紹介番組でも活躍が期待出来そうです。

 

(というか芸能界のみならず一般企業でも活躍できそうに見えてしまいます)

 

こうしてみるとエレナ・アレジさんはとてつもない可能性を秘めている女性なのでは?テレビで実際の人物像とその活躍を拝見できる時を楽しみにしましょう。

スポンサーリンク

         
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク