プレミアムフライデーいつから実行か?メリットとデメリットの真実

この記事は3分で読めます

来たる2月24日に実施される”プレミアムフライデー”ですが実際のところ世間の人達と社会に対して一体どんな影響を与えるのでしょうか?土日休みへの入り口の様な存在となりそうです。週末の時間が増えるということでアナタも楽しみに感じてませんか?そんな気になるプレミアムフライデーについて調べていきましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

2月24日に始まるプレミアムフライデーの標的にされている”若い層”

 

 

★プレミアムフライデーとは

 

月末の金曜日に午後15時に仕事を終了し、買い物や旅行といった消費に勢いをつけることを狙ったもの。月末の給料支払いに合わせて月末の金曜日となっている。

 

 

これによってお金の循環を良くし、景気を活発化させようといった狙いの制度なのです。世間で良く言われる「最近の若い者はあまりお金を使わない」といった声をよく耳にしますが、この若い層も含め少しでも消費活動を活発化させたいという狙いで施行されるようです。

 

 

しかし、この「あまりお金を使わない」というのは現在の社会をそのまま現した状態であり、あまりお金を持っていないからこそ節約に走る人が多いために起こっている状況でもあるのです。ですが、あまり消費をしない若者が増えたとはいえ、月末の金曜日に早く仕事が終わることによって以前より消費が増えることは間違いないでしょう。

 

 

これによって買い物、旅行、といったサービス業業界が特にに恩恵が得られることになります。加えて、サービス業会もこれに合わせて必ずイベントを企画してくるはずなので普段の週末がもっと楽しい週末になる可能性は高いはずです。

 

 

そうなると若い層がお金が無いと言われていても消費は上がることになるでしょう。(でも、リーズナブルなイベントにはしてほしいですよね)

 

 

 

 

プレミアムフライデーのデメリット

 

仕事をしていく上で懸念されていることとして月末の忙しい時期に切り上げることにより「他の日にしわ寄せがいくのでは?」といった悲観的な意見も見られます。以下、悲観的な声および想定できること

 

 

・他の日が逆に忙しくなる

・サービス業界も実行したら人手不足になる

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

箱根駅伝の特集ページ