ベッキー現在10月に入るも本性バレて鎮火せず!背中が語る腹黒さ?

この記事は4分で読めます

川谷絵音との騒動により活動自粛を強いられることとなったベッキーですが、最近は復帰の気配を漂わせ、10月に入りとうとう彼女がテレビへと姿を現すことになりました。テレビでの姿はどうやら以前のような”元気はつらつ”といった姿ではなく、自身の言葉に慎重さを置いた姿で、「失言をしないよう警戒をしているのかな?」とも思える姿でした。

 

 

そもそも何故、川谷絵音との騒動があったとはいえ、それ以上の批判の声が渦巻きはじめたのでしょうか?もちろん彼女の行いは一般常識的に世間から批判されて当然のことなのですが、他の芸能人の似たような話題だとこれほどまでのアンチが湧くといったことはなかなか無かったように思えます。一体彼女の場合は何が違うのでしょう?

 

 

 

スポンサーリンク

ベッキーが10月の番組に出演した現在も世間の反応が冷ややかなワケ

 

ベッキーは川谷絵音との騒動で活動自粛となりしばらくテレビの前から姿を消すこととなりましたが、世間の声を見るとどうやらこれはただの”きっかけ”に過ぎず、彼女のカメラに映らない部分での性格、人間性が明らかになったことで大問題へと発展し、それ故に彼女には根強いアンチが存在することになってしまったようです。

 

 

ではそれが一体どういうことかというと、元々彼女のキャラクター(売り)の部分は”元気はつらつとした明るい健康的なキャラクター”で、その明るい雰囲気で「周りを明るくする」といったものなのですが、これと実際のプライベートでは人間性があまりに別人であったことが一般人にとって非常にマイナスイメージだったようです。

 

 

具体的にどのような部分かというと

 

 

・既婚者である川谷絵音を略奪に走った人間性

・視聴者への偽りの発言

 

 

等々、本来ならば優等生キャラクターであるならこういったこととは無縁でなければなりません。しかし、人間である以上、そこまで完璧にできた人格者はなかなかいるものではないので、このようなダークな部分を持っていたとしても自身をきちんとコントロールして上手に隠し通せれば芸能活動(ビジネス)は現在も成り立っていたはずです。

 

 

しかし残念なことに彼女の場合、ダークな部分を持っていることを世間に知られてしまったことが彼女の好感度キャラクターの賞味期限だったのでしょう。本来、イメージを売りとする商売である芸能人はプロである以上、徹底した”イメージを損なわない”ということが必要になりますが、「そこを上手くコントロールできなかった」ということは遅かれ早かれこのような結果になっていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

 

ベッキーが憔悴しきったガリガリ背中で語るも腹の内は隠れて見えない

 

最近ベッキーが新聞広告にて”服を着ずに背中を見せている写真”が大きく掲載されました。これについては”裸一貫の出発”を意味するようで、それに合わせて長かった髪をバッサリ切って反省を表したイメージ広告だったようなのですが、世間ではこれも反応はイマイチといったものでした。

 

 

心機一転を狙ったもののビジュアル的には評価は高くなく、

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

夏休み工作で低学年女子向け簡単なのをまとめてみたので必見!

» 低学年女子向け夏休み工作特集!

スポンサーリンク