蓮舫議員、二重国籍の嘘で議員辞職不可避な崖っぷちへ!?

この記事は3分で読めます

最近二重国籍問題から一点して釈明が辻褄が合わないとして集中砲火の渦中にいる蓮舫議員ですが、彼女自身から出る様々な不明瞭なネタのオンパレードという状態、「一体事実はどうなのか?」という事実よりも落胆の声や辞職を求める声が目立つようになってきています。

 

 

まず、彼女が不審に思われるとしては”発言が二転三転している”という点が一番の問題で

実際にその発言によって世間の声は「彼女に対して信用を持てない」といったものが目立つのです。そして、その中でも最も問題点とされているのは”彼女の嘘発言”なのです。

 

蓮舫議員の嘘発言まとめ

 

蓮舫議員の発言をまとめたものを並べると↓

 

 

蓮舫氏の国籍発言 

・生まれた時から日本人でした。 

・18歳で日本国籍を取得しました。 

・19歳で帰化しました。 

・私は帰化してません。 

・1985年台湾籍から帰化(HP記載現在削除) 

・30歳の時に台湾国籍でした。 

・台湾の国籍はありません。 

・台湾の国籍が確認できません。 

・台湾の除籍届を今週出しました。 

・17歳で台湾の除籍届を出しました。 

・台湾の除籍届は父と一緒に提出しました。 

・父は台湾国籍のままです。

 

 このように発言が簡単に変わる状況を見るとさすがに驚いてしまいます。

まだ発言が2〜3番目位なら本人の思い込みで発言しているといった見方もできますが、ここまで発言が二転三転と変わると開き直って嘘をついているという風にしか見えなくなってしまいます。

 

 

その後の発言としては

 

 

「台湾は国として認められていないから二重国籍ではない」

 

 

など”台湾を国として認めない発言”をするといった、公人としてふさわしくない発言で保身に走るように見える姿勢から

台湾に対して愛が無いように見受けられます。

 

 

そしてこの発言をするならば以前に台湾へ国籍離脱届けを出した発言を撤回していることになりますし、色々な発言を聞いている一般人まで混乱してきてしまいます。

 

 

元々問題のない身分なら証明書たるものを公に公表してしまえばその瞬間に終わってしまう話なのにそれでもここまで引っ張るということは「ウラがある」ということを認めているように見えてしまいます。

 

 

それに本来日本の政治のトップのステージに立つ人間ならば身の潔白を証明するためにも身辺の書類を公表して国民を納得させていただきたいものです。

 

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク