黒田勇樹が30代フリーターの肩書きから見た将来への再浮上と現在

この記事は4分で読めます

1歳から子役としてモデルや俳優として活躍し順風満帆に芸能界を進むと思いきや引退、その後はハイパーメディアフリーターの肩書きでフリーターとして生計を立てるといった無謀とも思えるような行動により、ネット上の一部では様々な話題を生んできました。そんな彼に見る生き方というのは現在の世の中でフリーターとして生計を立てている30代以上の人にも参考、もしくは反面教師としてなりえるのではないでしょうか?そんな彼の最近の活動をみていきましょう。

 

 

 

一時は美男子キャラとして俳優業でもテレビCMでもよく見かける顔だったのが中年フリーターへと肩書きを変え、変わった意味で話題を呼ぶ人となりました。そして度々ネット掲示板へと顔を出し、その掲示板の住人達と仲良くオモチャにされる?といったコミュニケーションを取るという中々色んな意味で庶民的というかファンサービスが旺盛な人物像のようです。

 

 

そんな彼の現在の姿というと映像制作等を行い、再び演劇の世界で活躍し現在ではタレント事務所へ所属といったいわば元鞘に戻るといった流れ。

 

 

以前はハイパーメディアフリーターとしてネットのコンテンツを活用した活動をしつつアルバイトするという、いわば「夢を追うフリーター」路線を歩んでいたようで、彼が働いていたバイトは

 

 

・肉店のバイト

・引越し

・ゴールデン街のバーテンダー

・ウェブサイトの記事を書くこと

 

 

等々一般的な印象を受けるもので中でも引越しのアルバイトを選んだ理由としては

 

うーん 他の仕事したことないからしてみたかった

 

といった至って普通の感覚で、彼の考えを聞くと一般人とは異なった育ちをしたため、ある意味”世間知らず”なのでそのための好奇心と受け取れます。

 

 

フリーターとして不安を将来に感じていた彼の目を背けたくなる様な現実は後半から。

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

 

そんな彼が30代目前にしてフリーターとして生活していることに不安を感じたようで

 

30歳目前だしさ・・・ 色々不安になるわけよ・・・

 

といったコメントをネット上で漏らし望んでフリーターとなったものの将来に不安を感じているようでした。

 

 

しかしこれは”夢を追う”、”やりたいことが見つからない”といった青年も同じく感じることであり、彼は楽観的な行動を取りつつも現実を見て不安を感じたことでそれが再浮上?のきっかけとなったようである。

 

 

一時は借金もあるためか、お酒を飲んでは布団に潜り込むかギャンブルという将来に対し、絶望を感じて塞ぎ込む様な生活スタイルとなり「300万円で自身を買ってくれ」と公言していたりと身売りとも言える様な発言をしていたのである(当時の借金が300万円)

 

寝転び 

 

そして、たまにテレビに出ることがあってもお酒の力を借りて出演する程、お酒に依存している生活であった。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク