旦那のお小遣い金額はいくら?アナタは妥当な額をあげてる?

この記事は2分で読めます

旦那さんのお小遣いの金額はよくメディアにも取り上げられるほどの興味深い永遠のテーマです。近年の日本に至っては、物価の上昇や増税などの影響もある為、一定のスパンでお小遣いの金額を見直すことが必要です。
家計を圧迫するようなお小遣いの金額では生活が成り立ちませんし、反対に金銭的自由のない結婚生活も結果として上手く行きません。そこで旦那さんのお小遣いはどれくらいが妥当なのかと考えてみたいと思います。

 

スクリーンショット 2016-07-26 1.02.30

 

比較するのは難しい?世間のお小遣い

 

お小遣いの相場は、収入や家族構成そして趣味などのライフスタイルによって大きく異なりますが、一般的には「給与の1割程度」と割合から決めている家庭、そして一番多いのが「3万〜5万といった世間の相場」を意識した金額の家庭です。

 

また一例ではありますが、お金を使わない趣味のない旦那さんは世間の相場よりも少ない5千円や多趣味で人付き合いの多い旦那さんは10万を超えるお小遣いなど大きな幅があり、一概に金額を比べることは難しいのが実情です。

 

お小遣いを決める上で重要なこと

 

お小遣いの金額を決める上で重要なのが「どの項目をお小遣いとするか」です。

例えば、

 

・仕事上で必要なスーツやカバン、昼食代や医療費までの生活必需品全てをお小遣いからの出費とする家庭

 ⇒相場は5万円超え

 

・定期的な散髪代や突発的な冠婚葬祭などに関しては家計からの出費とする家庭

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

箱根駅伝の特集ページ