カードローン返済遅れたら!今後アナタに付き纏うデメリットの数々

この記事は3分で読めます

カードローンを使っていると、分かっててももついつい予定より大きな金額を借りてしまうことがありませんか?すぐに簡単な手続きでお金を引き出せるのがカードローンの大きなメリットですが、反面、上記のように、自分の収入の身の丈にあまる金額を引き出してしまうリスクもあわせ持っています。

以下では「大きな額を借りてしまった結果、返済を遅らせてしまうとどうなるか?」そのデメリットを2点紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

たった1回でも遅れるとブラックリストに載ってしまうのか!?その分かれ目たる基準

 

返済が遅れると大抵の場合はハガキによる督促が届きます。それを受け取った時に、まず最初に最も恐れることは自分の個人信用情報や、金融機関に開示される金融データ、それらが通称”ブラックリスト”に遅延したことが記載されてしまうのか?ということでしょう。ちなみに、もしブラックリストに遅延記録などが記載されると、およそ5〜10年その事故情報が残ってしまいます。

 

ではたった一回の事故でも、ブラックリストに載ってしまうのでしょうか?もし、そうであれば、うっかりしてお金を返すのを忘れた人だったり、怪我や病気で入院して遅れてしまった人なども対象になってしまいブラックリストには膨大な量の事故情報で埋まってしまうでしょう。それに本当に意図的な人、返済能力がない人が誰なのかを見分けることも難しくなってしまいます。

 

 

ではその基準とはどういうものなのか?結論を言えば

 

・遅延が3ヶ月であれば大丈夫

 

 

つまり、1〜3回くらいの遅延であれば、仕方のない事情で返済できなかったかも知れない、というふうに受け取ってくれます。

 

ただここで注意しなくてはいけない点があります。いくら3ヶ月以内と言っても、それを何回も繰り返しているとカードローン会社からの信用が低くなってしまい極端な話、利用額がゼロになってしまうこともあり得ます。

 

実際、筆者の友人はこのパターンになって、カードが返済するためだけの専用カードになってしまうという悲惨な状態を見たことがあります。

 

黒い書類

 

遅延にて大打撃となる大きな利子”遅延損害金”については後半から

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

延滞で油断すると高額な利子が発生!遅延損害金とは何?

 

この用語を詳しく知っていると言える人はほとんどいないでしょう。ただ実際にはカードローン会社で仕事をしている人は頻繁に耳にしている言葉で、それだけ多く起きているということです。

お金を借りている人がその返済時期を過ぎても返さないでいると、その返済日数に応じていわば”迷惑料”が発生します。この”迷惑料”のことを”遅延損害金”と呼んでいます。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク