カードローンの本審査通らない場合、絶対に落ちる理由を覚えといて!

この記事は3分で読めます

どうしてもまとまったお金が必要になった時に銀行借り入れなどにくらべて手軽に借り入れできるのがカードローンのメリットです。その審査には2段階あって、仮審査と本審査があります。ただ「仮審査は通ったのに本審査には落ちてしまった!」という人は珍しくありません。何度も審査をするのは手間ですし、ブラックリストに記載されてしまうデメリットもあります。以下では本審査で落ちた場合、まず確認すべき絶対に落ちる理由を紹介します。

 

 

本審査で落ちる障壁となる追加項目

 

仮審査を受けたことのある人なら分かると思いますが、仮審査でチェックされる項目というのは、年収、借り入れの総額、生年月日、さらに聞かれたとしても借り入れている件数といった程度です。だから、本当にお金を貸せる人物なのかを、正確に判断するのはかなり難しいというのが分かりますよね。

 

本審査ではさらに確認項目が追加され、より正確な判断をするための情報を集められます。 仮審査で聞かれなくて本審査で聞かれる主な項目に以下のものがあります。

 

 

1.勤続年数

2.雇用形態

3.自宅情報

 

見積書 フリー素材

 

これらが本審査が通らない場合の最大の原因となることが!詳細は後半から

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

1.勤続年数について

 

お金を返すには一定以上の安定した収入を得ており、かつ継続して収入があることが大前提になります。ですので、当然、お金を借りる人物が過去に置いて、きちんと勤めていたのかが確認されます。 また、勤続年数と聞くと、正社員になってからの年数と思いがちですが、アルバイトの人も年数が聞かれます。しかも、アルバイトという不安定な雇用形態の人ほど、この勤続年数という項目が重視されます。つまり、この年数が短いと落とされる大きな原因になってしまいます。

 

 

2.雇用形態について

 

お金を貸す側は、相手が貸したお金を返すのに、どれほどの安定した収入を得ているのか、という点をかなりシビアに見ますから、この雇用形態という項目も、当然重視されます。 現在は、非正規雇用の人がたくさんいる時代ですから、カードローン会社が確認したがる項目の一つになっています。 派遣社員や契約社員は、正社員にくらべて、いつ勤務を打ち切られたりするのか分かりません。ですので、もし年収が非正規社員と正社員の人とで同じだったとしても、非正規の人の方が信用度が落ちてしまいます。この点は仮審査では確認されないで、本審査で詳しく聞かれる点です。 こういった雇用形態の問題でも、本審査で落とされる原因となっています。

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク