カードローンで仮審査を行うと履歴が残る?審査マイナスの場合もアリ

この記事は3分で読めます

カードローンで仮審査をすると履歴が残ってしまうって本当?そんな心配をしてカードローンを始めるのをためらっている人は結構多いようです。銀行ローンや、自動車ローン、住宅ローンでも、とにかく一番大事なのは借り入れる人の信用。もちろんカードローンにおいても信用は重要です。その信用を傷つけてしまわないよう、以下に紹介する仮審査における履歴の残る仕組みやケース、それにマイナス評価になってしまうケースをしっかり理解してくだいね!

 

 

スポンサーリンク

カードローンで仮審査を行っても履歴が残らない事実

 

結論から言えば、ただ仮審査するだけであれば、それ自体の履歴は残りません。仮審査では審査をするのは銀行となっています。一方、本審査は保障会社が審査します。

 

 

仮審査(銀行が行う)=「もし融資した場合きちんと返済ができる人なのかどうか?」のチェック

本審査(保障会社が行う)=審査履歴や過去の返済状況

 

 

といった内容となっており、仮審査ではその人の信用情報を履歴に残すようなことはされません。

 

つまり、保障会社はもし融資を受けた人が返済出来なくなったとしたら、自分が保障したのですから返済を肩代わりする必要が出てきますが銀行は保証していないので信用情報として履歴を残したりすることはないというわけです。

 

例えば最大手の一つアコムでは、公式ホームページを見てみると、「3秒診断」という審査が設けられています。リンク先の、いくつかの質問に回答すればすぐに本審査が受けられるという仕組みになっていて、申し込み履歴が残ることはありません。

 

ただ、本審査はもちろん、仮審査においても一度にたくさんのカードローン会社に申請すると履歴に残る可能性がありますので、無茶な申請は避けるようにしましょう。もし履歴に残ってしまったとしても一生消えないといったものではなく、数年といった期間になっています。

 

チェック

 

万が一履歴が残った場合に発生するレアケースの”デメリット”は後半から

 

 スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

履歴が残ると今後の審査で不利な場合はあるの?

 

もし、履歴に残ってしまうとその信用情報は他のカードローン会社にも開示されますので、マイナス評価に繋がってしまいます。そうなると、本審査に通りにくくなったり、利用限度額の上限が低く設定されることが出てきます。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク