カードローンの限度額が決まる基準と増やす方法を簡単に説明!

この記事は3分で読めます

インターネットで調べてみると、結構みんなはカードローンの限度額が高く設定されているのに、なぜ自分は低いままなのだろうか?返済状況も悪くなく、きっちり元金を減らしているのに。こんな疑問を持っている人は、かなり多いようですが、以下では限度額が決まる仕組みと、それを増やす方法を初心者にも分かりやすく紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

カードローン会社からじっくりと見られているアナタの過去

 

カードローンの限度額が決められる基準では、「最初に限度額はどのように決められるのか?」という疑問を説明していきます。 カードローンの限度額は最初に自分から希望金額を申請することが出来ますが、もちろん希望ですのでそれが完全に通ることは稀なケースです。

 

ローン会社はカードローン利用者の現在の収入を見て、そこから「実際のところはいくらくらい返済額に充てることが出来るのか?」といった点を確認してきます。

 

また、過去にカードローンを利用したことのある人については、それの返済状況など実績を確認します。 では、限度額を決定する判断基準を挙げるとすれば、どのようなものがあるのでしょうか? 基本的には、限度額は下のような基準から決定されます。

 

 

1.公務員や上場企業勤めといった安定な収入があるか

2.収入自体も高く、勤務先の会社の運営状況は健全か

3.勤続年数がある程度長いか

4.正社員か非正規社員か

 

 

これらの点を確認されて限度額が決まってきます。 ですから冒頭部分で挙げた人のように、いくらこれまでの返済状況が良くてもそれだけでは限度額が高くなる理由にはなりません。勤務している会社が零細企業であったり、勤続年数が短かったりすると限度額が低く設定される原因になってしまいます。

さらに以下のような情報も限度額の高低に影響してきます。

 

1.持ち家があるか(資産を持っているか)

2.居住年数は何年か

 

といった資産にまつわることです。やはり一般的には資産の中で最も高い住居が、一番影響してきます。 他に重要な点として挙げられるのは「これまでのカードローンにおいて金融事故がなかったかどうか」という点です。つまり、約束の期間にお金を返さなかったり、自己破産の申請をしてたり、といった信用問題に関わることがなかったかということがチェックされます。

 

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

限度額を増やせることができる確実な方法

 

まず最初に確認すべきは「自分の持っているカードローンが増額可能なものかどうか」ということです。意外と忘れがちですが増額できないものもありますので、一度チェックすることを怠らないようにしましょう。

 

可能であったら、次に確認するのは自分の過去の返済状況です。もし一度でも返済の遅延があったとしたら、その場合はかなり増額は難しい、もしくは小額に留まるということが考えられます。

カードローンは信用が大前提です。うっかりであったとしても信用を損なうことがあったら、それを取り戻すのはかなり難しいことです。増額を希望するのなら以下の条件で信用を得ることが必要です。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク