カードローンの限度額が減額される!無意識的にアナタが作る原因

この記事は3分で読めます

何の心当たりもないのに、急に使っていたカードローンの最大限度額が減額されてしまった。そんな経験をした人は結構いるのではないでしょうか?急な出費が必要な場合が出てしまった時に、カードローンを当てにしていたのに減ってしまっては買うことが出来なくなってしまいます。限度額の減額は、いろいろな面で心配を増やしてしまいます。いったい、どういったことが減額の原因に考えられるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

更新時に限度額が減額される理由はシンプル過ぎるもの

 

これは、減額される最も多いパターンと考えられます。つまり債務不履行があった時の場合です。カードローンに加入する時には、どの会社でも厳守して欲しい規約が必ず書類(または電子データ)として手元に届くはずです。その中で最も気をつけるべきこととして、債務不履行が明記されていると思います。簡単に言えば、

 

・お金を返すのが遅れた

・遅れていることを知らせる通知があったにも関わらず放置していた

 

ということです。お金を借りて、返すのを何ヶ月も滞納するのは明らかなルール違反に挙げられますので、限度額が減額される最も多い原因となっているのも分かります。

 

 

 

審査時、自身の借り入れに車のローンは含まれていない事実!

 

カードローンの審査の際に、確認される項目はいくつかありますが、その中の重要項目に、既に借り入れがあるかどうか、という点が挙げられます。借り入れにもいくつかありますから、自動車ローンはその中で、どういうふうに見られるのでしょうか? まずカードローンをする際の大前提として、総量規制があります。これは、

 

・個人が借りられるお金は、その人の年収の3分の1まで

 

として制限しているものです。 つまり、自動車ローンの借金分が算出されると、その分だけ借りられる額が減ってしまうという事態に陥ってしまいます。 結論から言えば、自動車ローンは総量規制の対象にはなっていません。従って、自動車ローンの返済残高が結構な額に達しているからと言って、審査時に借りられる額が減ってしまうということにはなりません。

 

この点は意外と知られてなく、三井住友銀行カードローンを持っていた知り合いが限度額を増やそうとして、急いで自動車ローンの返済に奔走していたことがありましたが、これは徒労に終わってしまいました。。。

 

では、自動車ローンが残っていると審査には通りにくくなるのか、という肝心の点ですが、これは一言では言えない問題で、会社によってばらつきがあるというのが実情です。 自動車ローンを持っているある人が審査を申請した場合に、審査に緩いところであれば通るでしょうし、厳しいところは通らないという結果になります。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク