楽天銀行カードローンで出金停止パターンになるケースに注意!

この記事は2分で読めます

カード決済は現在、一般的に普及しており、これを読んでいるアナタも利用していたり、または利用を考えているのではないでしょうか。

しかし、クレジット払いには常に落とし穴が付き物で「ついつい借りる額が大きくなってしまい返済に困る」という事態は多くの人が経験したことがあることなのかも知れません。特に利用者数を伸ばし続けている”楽天銀行カードローン”でも出金停止に陥ってしまう事態が多く見られているようです。
以下では「出金停止」に陥ってしまうパターンを挙げながら、これらについての詳細を簡単に説明していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

気づきにくい”落とし穴”限度額を超えた利用による出金停止

 

一般的に、カードを作る際には限度額の設定が必須となっています。ただ、カード初心者が間違えやすいのは利用限度額は毎月ゼロにリセットされるのではないという点です。
本当はそうではなく、利用した額のうち返済できた分だけがリセットされるという処理がとられています。

また、この「利用限度額」というのも注意が必要で単にキャッシング枠だけの利用額ではなく「ショッピング枠」との合算が問題になります。

 

例)利用限度額を50万円とした場合、キャッシング枠として40万円利用していたらショッピング枠は残りの10万円分となるわけです。
(利用限度額の超過というのは出金停止となるいくつかのパターンの中で、最も多い理由となっているようです。)

 

驚き

 無意識の内に限度額へと近づいている事実、”御利用は計画的に”とは良く聞きますが。

”自己管理も定期的に”といった感じで必要のようです。

続きは後半から

 

スポンサーリンク

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 

 

調べないと気づけない”改正貸金法”による出金停止

 

楽天銀行カードローンの利用者の中で、主婦の方に多く見られる出金停止パターンとして挙げられるのが”改正貸金法”によるものです。
そもそも、多くの人に利用してもらおうと審査基準をあまり厳しく設定せずに発行していましたが社会的に問題が出てきてしまったため、改正貸金法によって審査基準を厳しいものに設定し直しました。それによって突然カードローンが使用不可になり、出金停止に陥るパターンが見られるようになりました。

 

スポンサーリンク

         

ページ: 1 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

管理人プロフィール

雪丸:マイペースなサイト管理人です。”世間の情報の海”を進みながら情報をピックアップ!芸能関連、社会の事やお金にまつわる事といった週刊誌の様な多ジャンルを目指しております。ニュースに対して”世間様の見解”や”業界の表に出ない部分の噂”といった角度からの考えを文章にしております。 ニュースの裏には様々なストーリーが隠れている!? そんな感じで思ったことを書いております。 ※女性向け記事は女性が書いています。

スポンサーリンク